ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

光電式のネズミ捕りは道路の凸凹で誤測定になる

測定方式が光電式・レーダー式を問わず、ネズミ捕りは「スピードの出やすい道路」で、「現認係が隠れやすく」、安全に「違反車両を止めてサインさせるスペース」がある場所で行われます。そこで、都心部で行われがちな光電式のネズミ捕りの取り締まりの流れを見ていきましょう。


スポンサーリンク
光電式のネズミ捕りは道路の凸凹で誤測定になる

光電式ネズミ捕りは3m間隔に設置

光電式のネズミ捕りはまず、送受光器と反射器を道路に垂直に、正確に3m間隔で設置。車速は、3m間隔で設置されたこの2つのセンサー(送受光器と反射器の間をレーザー光が往復している)を、前輪のタイヤが横切る時間差から割り出します。

仮に、3mを60km/hで通過すると180ms(1000分の180秒)、90km/hだと120ms(1000分の120秒)かかる計算です。時間の測定には非常に高い精度を要求されるため、道路上に凸凹などがあると正しく計測できません。

現認係は光電式の測定器近くで、ドライバーから見えにくい所で待機しています。そして、指定した速度よりも超過したスピードで車両が通過すると、警報音が鳴り速度が点滅表示されるのです。

ネズミ捕りの情報をTwitter検索

測定器の警報により、現認係は速度超過車両のナンバー・車種・色などを停止係に無線または有線で連絡します。速度超過車両は停止係に止められ駐車スペースへ。サイン会場で速度印字されたものを見せられ、キップが切られるというわけです。

いずれにしても、警察によるネズミ捕りは、取り締まりを実施しやすい場所で行われます。つまり、正確に速度測定が可能で、安全・スムーズに違反車両を誘導できる場所が基本。「ここは取り締まりがしやすそうだな」という意識が大事です。

また警視庁などはスピード違反の重点取り締まり場所を「江東区 臨港道路 江東区青海1丁目付近」といった精度でホームページ上で公開。実施場所は毎月更新されており、5月中は東京都内97か所が掲載されていました。

最近では、Twitterによるスピード違反の取り締まりの情報収集も有効です。「#ネズミ捕り」で検索すると、リアルタイムでネズミ捕りの情報が見つかるでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事