ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職務質問で「年収は?」と逆質問した警官の答え

夜、自転車に乗っていると、かなりの確率で遭遇するのが警察官による職務質問。呼び止められて「防犯登録を確認させてもらっていいですか?」と聞かれます。そんな職務質問は、警察官の能力や人柄、度量を知ることができるチャンス。実際に職務質問で少々ムリ目のお願いをしてみて、その反応を見てみました。


スポンサーリンク
職務質問で「年収は?」と逆質問した警官の答え

職務質問で警察手帳の提示を要求

職務質問は、怪しい人間に話しかけるきっかけに過ぎません。実際に話しかければ、その人の言動がおかしいかどうかは一目瞭然。さらに、観察眼や話術次第では、平静を装った犯罪者が馬脚を現すこともあります。つまり、職務質問は警察官が犯人逮捕という輝かしい栄誉をつかむための伝家の宝刀なのです。

まずは、職務質問で防犯登録の照会を求められた際に「お巡りさんがニセ警察官の可能性もあるので、警察手帳を見せて下さい」とパトカーに乗る2名の警察官に要求。いわゆる職務質問のNGワードといわれる警察手帳の提示の要求です。

ここで若い警察官は「ふざけるな!」といきり立つも、50代の年配の警察官は「それもそうですね。こちらもあなたの名前を聞くわけですし」と5秒ほど警察手帳を提示。その男気はかなりの高評価です。

職務質問で「給料いくら?」と質問

続いて、自宅の目と鼻の先で職務質問に遭遇。防犯登録の照会を求められた時に「あと5分で家に着くので、自宅マンションまで来てそこの駐輪場で調べてほしい」と自転車に乗った2名の警察官に要求してみました。

すると「後5分ならここで調べても変わらないでしょ?」と要求をバッサリ却下。正論ではありますが、市民感情を鑑みない物言いがやや残念な印象です。もう少し別のいい方もあるでしょう。

最後は、職務質問で防犯登録の照会を求められた際に「協力する代わりにお巡りさんの年収を教えて下さい。ぶっちゃけ給料いくらですか? 仕事で調べているので…」と自転車に乗った1名の警察官に質問してみました。

答えは「お兄さんは名前だけしかいわないのに何で僕は年収まで答えるの? 僕も名前なら名乗るから」と話題をすり替え。正論と譲歩案を組み合わせた機転の早さは、なかなかの技量を感じさせてくれました。

■「職務質問」おすすめ記事
職務質問は任意だが拒否し続けると現行犯逮捕!?
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事