ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職質の「123」など警察無線用語でどんな容疑か知る方法

職質の際に警察無線で行われる照会は、犯罪歴や自動車運転免許の有無、そして指名手配犯まで個人に関する情報が伝えられるもの。その際、職質対象者には分からないように警察の隠語として数字の警察無線コードが使われます。このため、警察無線コードの意味を知っていれば、職質の「123」や「00」という警察用語から自分にどんな容疑がかけられているのか分かるのです。


職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

職質で123は犯歴照会センターの警察無線用語

職質で警察無線による照会を行うのは、主に自転車で巡回している警察官。というのも、パトカーにはPATシステムが搭載されているため、照会はデータ通信で行われます。パトカーの職質では、音声通話による照会は行われません。

さっそく職質による照会の通話例を見てみましょう。職質の身分照会は「警視331から123(ひゃくにじゅうさん)」と、警察本部に無線連絡します。「123」とは犯歴照会センターの警察電話番号に由来する警察無線用語です。すると警察本部が「警視331から123どうぞ」と犯歴照会センターに取り次ぎます。

こうして、犯歴照会センターから「123です、どうぞ」と現場の警察官とつながるわけです。例えば警察官が「免確(めんかく)による男、総合(そうごう)1本願います」といった場合です。ここで「免確」は運転免許証による氏名確認を意味します。

犯歴照会の警察無線コードは、ここでは「総合」。犯罪歴や指名手配などをまとめて照会することを意味します。そして、このあと警察官は職質している対象者の、氏名や生年月日などを犯歴照会センターに無線で伝えるのです。

職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

職質で00は犯歴照会センターに該当なし

しばらくすると、職質している警察官に犯歴照会センターから「対象者付近におりますか? なお、A号ヒット、送ってよろしいか?」といった具合に連絡が入ります。「A号ヒット」は犯罪経歴ありという意味です。

このほか、B号は指名手配、C号は盗品、M号は家出人手配、Z号は暴力団員という内容。このほかの略号には、L1号が運転免許、L2号が違反・事故歴、S1号が少年非行歴、S2号が暴走族といったものがあります。

犯歴照会センターからはさらに詳しい内容が「平成20年7月10日、08(ぜろはち)で神田にて現逮(げんたい)」と送られるのです。「現逮」は現行犯逮捕のことで、「08」は犯罪の種類の警察用語で覚せい剤です。

犯罪の種類の警察用語は「00」が該当なし、「01」が殺人、「02」が強盗、「03」が強姦、「04」が窃盗、「05」が公務執行妨害、「06」が暴行、「07」が銃刀法違反、「09」が凶器準備集合罪、「10」が放火となっています。

職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法


職質は警察官の階級章の確認も大切

職質では、警察官の階級章を確認することも大切です。警察は階級制になっており、胸に付けた階級章によって職質でも外観から識別できます。警察官2人組で行われる職質では、どちらか一方が必ず上官です。警察は階級制なので職質でも上官には逆らえません。職質を受けて話がこじれたら、階級が上の警察官と交渉した方が事態を納めやすいでしょう。

職質で確認しておきたい警察官の階級章の簡単な見方をいうと、派手であるほど偉くなります。職質で階級章を識別するポイントは「地色」と下の「草の色」、左右の「バー」です。

職質で遭遇することの多い、階級が1番下の「巡査」の階級章は最もシンプルで、地色は銀、葉の色も銀、バーは1本。そしてワンランク上の「巡査長」になるとバーが2本に増えます。バーが3本になると「巡査部長」です。

職質は警察官の階級章の確認も大切

職質で巡査が必死に実績を上げたがる理由

そして、その上の階級になると今度は葉の色が銀から金に変わります。葉の色が金でバーが1本だと「警部補」、交番では交番所長となります。2本だと「警部」、3本になると「警視」です。

次からは地が金色に変更され、階級章はバーが1本だと「警視正」、2本で「警視長」、3本だと「警視監」になります。ちなみに、日本の警察官の中でたった1人しかいない「警視総監」はその上。この地位になると階級章はガラリと変わり、肩章に日章を4個付けることになります。

このうち、現場に立って積極的に職質してくるのは、銀一色の階級章を付けた巡査部長・巡査長・巡査です。特に交番勤務で実績を上げて勤務成績優秀者にならないと、巡査部長への昇任試験を受けられない巡査は、必死で職質してきます。


職務質問は犯歴照会センターに記録が残る

また、警察官は2~3年間まじめに勤務を続ければ、巡査から巡査長に昇任。3~6年で巡査部長昇格試験を受けられ、これを突破すると巡査部長になります。

このため、30歳を過ぎた警察官で階級章が巡査長ということは、巡査部長に昇任できなかったということ。職質では慎重に対応しましょう。

ちなみに、警察用語で職務質問のことは「ばんかけ」といいます。そして、職務質問を受けたこと自体は警察官が日報に記録するため、内部文書として残ります。また、犯歴照会センターへの照会もアクセスデータとして記録が残るでしょう。

■「職質」おすすめ記事
職務質問は任意だが拒否し続けると現行犯逮捕!?
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察官の出世でノンキャリアはせいぜい警部まで
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
警察用語「さんずい」「うかんむり」何のこと?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事