ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

走行性能が違う「白バイ」新旧モデルの見分け方

現在、白バイの主力モデルとなっているのはホンダの「CB1300P」。全国に配備されています。また、白バイの最新モデルはヤマハの「FJR1300AP」。久々となったヤマハ製の白バイですが、限られた台数しか配備されていません。そんな白バイ新旧モデルの走行性能を見分けるポイントを見ていきましょう。


スポンサーリンク
走行性能が違う「白バイ」新旧モデルの見分け方

白バイならではのUターンが得意

白バイで現役最古参となるのがホンダの「VFR800P」です。先代の「VFR750P」に代わって、2001年の導入から2008年まで調達されました。外観的には、白バイらしい迫力あるフルカウルが採用されています。

リアタイヤと車体フレームをつなくアームが片側だけの片持ちスイングアーム「プロアーム」と、V型4気筒エンジンの組み合わせはレーサーライクな乗り味で、軽量でコンパクトな車体は取り回しにも優れています。白バイならではの交通違反の取り締まりパターンである交差点でのUターンも得意です。

スズキの「GSF1200P」は2004年採用。フロントのハーフカウルと、そこに組み込まれた赤色灯が特徴です。ただし、白バイとして完成の域に達していたVFR800Pのライバルにはなれず、最近は見かけることも少ないレア度の高い白バイといえます。

2009年に導入開始したのがホンダの「CB1300P」です。直列4気筒エンジンを搭載したホンダの白バイは、1986年のCBX750P以来。外観的には、白バイとしてはやや迫力に欠けるハーフカウルが特徴です。

警視庁の白バイはドラレコを装着

白バイの主力モデルはベース車がツアラーのため、旋回性能よりも直進安定性に重点を置いた設計。VFR800Pよりもホイールベースが長く、車重も増加しています。このため、車体の取り回しはマイルドな印象です。

ヤマハの「FJR1300AP」は2014年の採用。レーシングバイクのようなしなやかばボディが特徴です。フルカウルにはウィンカーもビルトインされています。フロントの警光灯には、回転灯ではなくLEDタイプの点滅灯を装備。少数が警視庁と福岡県警に配備されている希少な白バイです。

なお、白バイの装備のトピックといえばドライブレコーダーの導入でしょう。白バイが絡んだ事故の原因究明などに使います。ふだんは白バイ本体のフロントカウルに装着。ヘルメットに装着する場合もあります。

白バイのドラレコは、2018年度中には全900台に配備される予定です。ちなみに、警視庁のパトカーはほとんどの車両にすでにドラレコが導入されています。

■「白バイ」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
白バイは車種によって交通取り締まり性能が違う
白バイが月末に躍起になって動いていたら要注意

■「交通違反」おすすめ記事
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事