ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

速度違反は1km/hでもオーバーしたらNG。道路交通法に「最高速度を超える速度で進行してはならない」と定められています。しかし、警察の速度違反の取り締まり件数を速度別で見ると、何km/hオーバーから速度違反の取り締まりが行われるかの傾向が見えてくるのです。


スポンサーリンク
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

速度違反は何km/hオーバーから?

交通安全白書によれば、交通違反の取り締まりで一番多いのが最高速度違反。じつに道路交通法違反の取り締まりの25%を占めています。ちなみに、二番目に多いは一時停止違反で19%、三番目は携帯電話使用等違反で15%ほどです。

全体の4分の1を占めるほど取り締まりが行われている速度違反は、事故に直結するだけに警察も力を入れています。一方で、意外に多いのが一時停止や携帯電話の違反。くれぐれも注意したいところです。

それでは、速度違反は何km/hオーバーから取り締まりが行われるのでしょうか? これも警察庁が作成した資料から読み解くことが可能です。少し古いデータですが、2012年度の速度違反の取り締まり件数は2,221,120件でした。

15km/h未満の速度違反はほぼゼロ

このうち、速度違反の内訳を違反行為別に見てみると、15㎞/h未満はわずかに40件だけ。それが15km/h以上20㎞/h未満になると715,420件、20km/h以上25㎞/h未満は802,358件となるのです。

比率でいえば、15km/h未満の速度違反はわずか0.002%。ほとんどゼロといってよいでしょう。それが15km/h以上20km/h未満で32%、20km/h以上25㎞/h未満で36%。15km/h以上25km/h未満で、全体の3分の2以上を占めていることになります。

ちなみに、それ以上の速度違反は25km/h以上30㎞/h未満は395,015件で18%、30km/h以上50㎞/h未満は284,051件で13%、50㎞/h以上は24,236件で1%という数字。25km/h以上の速度違反で全体の3分の1といったところでしょう。


スポンサーリンク

オービスの速度違反は30km/h以上

路上に設置されたカメラと赤外線ストロボで、速度違反者を自動的に撮影する固定式の取り締まり装置が「オービス」です。オービスが速度違反で自動的に撮影する速度は何km/hなのでしょうか?

基本的にオービスは、極めて悪質な違反車を撮影することになっています。その目安となるのが、赤キップの違反。赤キップとは、違反点数が6点以上の重い違反のとき渡される「交通切符告知票」のことです。赤キップを渡されるということは、交通違反の前歴がなくても最低6点が加算されるため、少なくとも30日の免許停止になります。

そして、速度違反で赤キップとなるのは一般道だと超過30km/h以上、高速道だと超過40km/h以上。これがオービスが速度違反で撮影する速度といわれています。このため、オービスに速度違反で撮影されると一発で免許停止といなるわけです。

オービスの速度違反は30km/h以上

オービスの速度違反は数パーセント

簡単にいえば、オービスは一発で免許停止になるような極めて悪質は速度違反を取り締まるように設定されているといえるでしょう。実際、速度違反の取り締まり方法別の検挙割合にそれがよく表れています。

速度違反の検挙は定置式が53.1%、追尾式が43.6%。これに対して、オービスはわずか3.3%しか占めていません。わずか数パーセントという数字で、オービスがとくに悪質な速度違反を取り締まっていることがわかります。

ちなみに、定置式とはいわゆるネズミ捕りといわれる有人式の速度違反取り締まりとレーダーパトカーによる速度違反取り締まりのこと。追尾式はパトカーや白バイによる追尾での速度違反取り締まりになります。

■「速度違反」おすすめ記事
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説
速度違反のネズミ捕りはレーダー式か光電式
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン

■「取り締まり」おすすめ記事
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事