ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反の赤キップと青キップの違いとは?

スピード違反など交通違反で取り締りでよく耳にするのが、赤キップや青キップという言葉。赤キップのほうが重い交通違反であることはなんとなくわかりますが、具体的な違いというのは意外と知らないかもしれません。そこで、赤キップと青キップの違いを解説しましょう。



スポンサーリンク
交通違反の赤キップと青キップの違い

交通違反の軽いものが青キップ

交通違反のうち軽いものを「反則行為」と呼び、通告に従い一定期間中に納付書に書かれた所定の金額(反則金)を納付すれば終わります。この納付書と一緒に渡される「交通反則告知書」を青キップと呼ぶのです。

一方、反則行為に収まらない違反点数6点以上の重い違反を「非反則行為」と呼びます。その時に渡される「交通切符告知票」が赤キップです。

スピード違反だと一般道を30キロ以上、高速道を40キロ以上オーバーで赤キップ。交通裁判所に呼び出され、10万円を上限とする罰金とともに、前科が付きます。

赤キップになる交通違反行為とは

赤キップになる交通違反行為としては、一般道で30キロ以上、高速道で40キロ以上の超過で6点以上。無保険運行や無車検運行、過労運転等が6点です。

そして、酒気帯び運転は13点以上、仮免許運転違反は12点、大型自動車等無資格運転は12点、無免許運転は25点。そのほか、共同危険行為等禁止違反が25点、麻薬等運転が35点、酒酔い運転が35点となっています。

赤キップは前科が付き、刑事罰である罰金などになるもの。一方、青キップは前科の付かない反則行為や反則金なのでかなりの差があるです。この情報は『ラジオライフ』2014年6月号に掲載されていました。

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
交通違反見逃しは素直にサインさせるテクニック
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事