ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職務質問「拳銃を見せて」警官はどう対応した?

職務質問は、地域警察官が犯人逮捕という功績を上げるための伝家の宝刀というべきもの。捜査の基本ともいえる職務質問での対応は、その警察官の能力や人柄、度量を知りうる貴重な場ともいえます。そこで、職務質問中の警察官に「拳銃を見せて」など少しムリ目の要求をした時の対応を見ていきましょう。


職務質問「拳銃を見せて」警官はどう対応した?

職務質問で「警察手帳を見せて」

まずは、パトカーに乗る2名の警察官に職務質問で呼び止められたシチュエーション。防犯登録の照会を求められた時に「お巡りさんがニセ警察官の可能性もあるので警察手帳を見せて下さい」と要求してみました。

若い警察官は「ふざけるな!」といきり立つも、50代の年配の警察官は「それもそうですね。こちらもあなたの名前を聞くわけですし」と5秒ほど警察手帳を提示。度量の深さを感じさせる対応は見事でした。

自宅の目と鼻の先で自転車に乗った2名の警察官による職務質問。自宅マンションまで来て調べてほしいと要求してみました。しかし「ここで調べても変わらないでしょ?」と対応。正論ですが、市民感情を鑑みない物言いはやや残念でした。

職務質問で年収を聞いた時の対応

続いて、自転車に乗った1名の警察官による職務質問。防犯登録の照会を求められた時に「協力する代わりにお巡りさんの年収を教えて下さい。仕事で調べているので…」と聞いてみました。

すると「名前だけしかいわないのに何で僕は年収まで答えるの? 僕も名前なら名乗るから」という返答。正論と譲歩案を組み合わせた対応は、警察官の頭の回転の早さを感じさせてくれました。

最後は、パトカーに乗った警察官2名による職務質問です。持ち物検査をされる際に、協力する代わりに「拳銃を見せて下さい」と冗談交じりに要求しました。

すると「興味あるの? このままパトカーに乗って警察署まで来れば見せてあげるよ」という対応。言葉とは裏腹な怖い表情です。不審者に対する毅然とした態度に、犯罪者に対する断固とした姿勢を垣間見ることができました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事