ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反の交渉で使われた「坂落とし」とは

スピード違反の現場では独特の用語が飛び交います。「坂落とし」という言葉は、一般には知られていませんが、下り坂での速度計測を表す警察の隠語。取り締まった時にドライバーがこの言葉を出すと諦めたこともあったといいます。そんなスピード違反の現場の様子を元交通機動隊員が解説してくれました。


スピード違反の交渉で使われた「坂落とし」とは

スピード違反の現場で使われた言葉

下り坂でのスピード違反の計測は正確性に欠けるもの。坂道でスピード違反の取り締まりに遭った時は「坂落とし」という言葉が警察に効きました。元交通機動隊員も、1980年代にネズミ捕りの時に坂落としでジャンジャン捕まえていたというエピソードを聞いたと話します。ただし「今は皆無かと思います」とのことです。

むしろ、坂道を逆に利用するケースもあります。「例えば東京・芝浦からお台場方面のレインボーブリッジで、長いカーブを登りきった後のスピードを出しやすい直線距離で、下り坂に差し掛かる前に計測して捕まえています」と話してくれました。

このほか、スピード違反の現場でよく使われた言葉が「右から見る」です。昔はストップメーターがアナログの針式だったので「右から見てみなさい」といって、時速30kmオーバーを時速29kmにして青キップにしたこともあったといいます。

スピード違反で現金を渡そうとする

ただし、それは温情というよりは「相手に得させた気にさせて素直にサインさせるため」とのこと。「今はストップメーターがデジタル式になり、そういうことはありません」といいます。

スピード違反の現場で違反自体を見逃すことはあるのでしょうか? シートベルト・スピード違反・右左折禁止などいくつかの違反をして反省しているなと思った違反者に「一発免停にならないように甘くしたことはありました」と話します。

あと、スピード違反の現場で多いのが、見逃されるために現金などを渡そうとする人。「そういう人は大抵また違反を繰り返します。『あの時の警察官は見逃してくれた』なんていわれたら署で大問題です。なので、そういう物は通用しません」とのこと。いずれにせよ、交通ルールを守って安全運転を心がけることが大切です。

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
高速ではスピード違反に加えて通行帯違反に注意
覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法
覆面パトカーは外観ではなく動き方から判別する

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事