ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーの速度取り締まりは「待ち」が基本

覆面パトカーの速度取り締まりは、高速道路でも一般道路でも「待ち」が基本です。後方から勢いよく飛ばしてくる違反車両と、いかにして巡り合うかがポイントになります。そのために覆面パトカーはさまざまなテクニックを駆使。そして、その違反車両に気づかれることなく追尾を始めるのです。


スポンサーリンク
覆面パトカーの速度取り締まりは「待ち」が基本

覆面パトカーが違反車両を待つ場所

覆面パトカーが違反車両に巡り合うために、待機している場所はさまざまです。高速道路であれば、第1通行帯を走る大型トラックの前を隠れながら80km/hくらいで走ったり、本線を見下ろせるパーキングエリアに止めたりします。

高速道路は各車がバラバラに走っているように見えて、実は集団を形成しながら走っているもの。覆面パトカーはその集団に紛れています。そして集団を抜け出そうとするクルマや後方から追い付き抜いていく違反車両を取り締まるわけです。

一般道路でも、覆面パトカーは幹線道路の側道で待っていたり、本線が見渡せる脇道で待機するなどの方法が主流。場合によっては、本線をわざとノロノロ運転したり、青信号でワンテンポ遅らせて発車するケースも報告されています。

覆面パトカーはすぐ車線変更しない

違反車両が追い越し車線を飛ばしていっても、覆面パトカーはすぐに車線変更はしません。第1通行帯を走りながら違反車との距離を詰めていきます。違反車両は後ろから追い上げてくる、自分より速いクルマには敏感だからです。

違反車両を追尾距離に捕らえたら、覆面パトカーは追い越し車線に変更。真後ろに付いて同一速度で走って速度測定を開始するのです。高速道路であれば、6~7秒もあれば測定は完了します。

覆面パトカーの見分け方は、追い抜くクルマの車内をよく見ること。走行中の覆面パトカーを外観から判別するのは至難の業です。青い制服の隊員が2人乗っていたら交通取り締まり用の覆面パトカーに間違いありません。

とはいえ、高速道路でも一般道路でも、スピード違反には危険が潜んでいます。制限速度を守って安全運転を心がけましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事