ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

納得の行かない交通違反で違反キップを切られたとき、サインを拒否するとどうなるのでしょう? パトカー内ではサインの強要をされることもあるといいますから、実際の手続きを知っておきたいところです。交通違反キップをサイン拒否したらどうなるかを解説します。



スポンサーリンク
交通違反キップをサイン拒否したら?

署名は交通違反を認めたこと

身に覚えのない取り締まりで、警察から「違反キップにサインしないと裁判で面倒なことになるよ」といわれた時、どうすればよいのでしょうか?

まず否認すれば不起訴率が高いといわれる青キップの場合。キップに署名をすると当然、違反を認めたことになり、反則金の仮納付書を渡されます。

取り締まりに不服なら署名を拒否することは可能です。その場合は、交通裁判所にて潔白を主張して行くことになります。

交通違反の青キップと赤キップ

交通違反に不服なら拒否してもよい

そして、赤キップの場合。こちらも不服ならサインを拒否可能。後日、検察庁へ出頭要請が来るので出頭することになります。

略式裁判に応じるようにいわれても、正式裁判に持ち込む意志を伝えると帰され、後日の呼び出しを示唆されるようです。その後、半年以上出頭要請が来なければ不起訴の可能性もあります。

要するに、交通違反のキップへのサインは違反を認めるということ。不服なら拒否してもよいのです。この情報は『ラジオライフ』2014年6月号に掲載されていました。

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
交通違反見逃しは素直にサインさせるテクニック
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事