ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

全米の警察無線がリアルタイム受信できるアプリ

警察無線といえば、外部の人が聞けない無線の代表格。数ある業務無線の中でいち早くデジタル化が進んでしまい、一般人が受信機などで聞くことはまず不可能です。ところが、海の向こうのアメリカでは事情が違い、普通の人でもスマホアプリひとつで50州すべての警察無線が聞けてしまうのです。


全米の警察無線がリアルタイム受信できるアプリ

警察無線は暗号化されたデジタル方式

日本でも、1980年代までは警察無線を受信することがさほど難しくありませんでした。警察無線専用の受信機が市販されていたわけではありませんが、アマチュア無線機などを少し改造すれば聞くことが可能でした。

しかし、警察無線を簡単に聞かれてしまうと、警察の捜査がしにくくなるのも確か。実際、1980年代中頃に関西で起きた未解決事件「グリコ・森永事件」の犯人は警察無線を受信し、捜査状況を確かめていたと言われています。

そこで、警察無線は1990年代から暗号化されたデジタル方式に続々と変わり、受信ができなくなりました。法律も変わり、仮に何らかの方法で警察無線を受信できた場合、それ自体が「暗号解読」ということで電波法違反になってしまいます。

アメリカでは警察無線にも知る権利

ところが、アメリカでは日本と事情が違い、今でも警察無線を自由に聞くことができます。しかも、無線機などを用意する必要すらなく、スマホアプリ一つで全米各州の警察無線をリアルタイムで「受信」できるのです。

これは、アメリカでは警察無線を聞くことについて、国民の知る権利のひとつとされているためです。警察官はれっきとした公務員なので、無線も含めその活動へ市民の監視が及ぶのは当然という考え方は、いかにもアメリカらしいところです。

警察無線アプリはいくつかある中、「Police Scanner」はAndroid対応で広告表示があるものの無料で使えるもの。iPhone向けでは、やはり無料のアプリ「Police Scanner+」が人気のようです。


大都市は忙しく警察無線が飛び交う

Police Scannerの使い方自体は簡単で「国→州→郡→無線局」の順で聞きたい場所を選ぶだけです。あとは、リアルタイムで選んだ警察無線が再生されます。

警察無線の使われ方は、地域によってバラバラです。ニューヨークやマイアミといった大都市では24時間忙しく無線が飛び交いますが、事件の少ない州ではポツポツしか通信がありません。こういったところから地域事情が分かるのもおもしろいところです。

なお、Police Scannerというアプリ名ですが、消防無線や鉄道無線などにも対応しています。こちらを聞く場合も警察無線同様に「国→州→郡→無線局」の順で選んでいけばOKです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事