ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

キャリア警察官とノンキャリアの収入面の差は?

警察官がほかの公務員や民間人と異なる点に「階級」の存在が挙げられるでしょう。どの会社でも階級はありますが、警察の世界は一般よりも厳しいものです。そんな警察には、階級以外にも区分が存在します。それが「キャリア」と「ノンキャリア」。キャリアとノンキャリアには越えられない壁があるのです。


スポンサーリンク
キャリア警察官とノンキャリアの収入面の差は?

キャリア警察官の違いは昇任スピード

日本の警察では警察法第62条により9階級に区分され、上から「警視総監・警視監・警視長・警視正・警視・警部・警部補・巡査部長」、そして採用されたばかりの新人は「巡査」となります。

警察官には階級以外にも区分が存在します。それが「キャリア」と「ノンキャリア」と呼ばれるものです。このふたつの区分は、警察官になるために受けた試験の違いで決まります。

すなわち、キャリアとは国家公務員総合職試験(旧国家公務員Ⅰ種試験)に合格した警察官を指し、身分は国家公務員。所属も警察庁となり、本部や所轄に派遣されるのは出向に近い形です。

同じ国家公務員試験でも、一般職試験(旧国家公務員Ⅱ種試験)合格者は「準キャリア」と呼ばれ、これら以外の地方公務員採用者がノンキャリアとなります。キャリア警察官とノンキャリアの大きな違いは昇任のスピードです。

キャリア警察官との収入差は倍以上

準キャリアは巡査部長からスタート、ノンキャリアは巡査から。通常、昇任の限度は準キャリアで警視長、ノンキャリアは警視正といわれています。しかし、警視以上への出世はよほど優秀で人脈も持っていなければ不可能といえるでしょう。

一方、キャリア警察官は任官時から警部補です。警察大学校での研修を終えるとすぐに一斉に警部に昇進するなど、最初からノンキャリアとは大きな差がつきます。

特に警視昇任にあたっての差は大きく、ノンキャリア警察官は定員の空きがあって運がよければ昇任できますが、キャリア組は30歳前後で一斉に自動昇進。このことから、警視はキャリアとノンキャリアの壁ともいわれます。

キャリア警察官とノンキャリアでは収入面の差は「倍以上」。また、キャリアが現場に出ることはほぼありません。ドラマではキャリア警察官が現場で捜査することがありますが、実際は庁舎内で書類業務や調整業務に追われているのが現実です。


スポンサーリンク

警察キャリアとノンキャリアの確執

このため、刑事ドラマなどではおなじみとなっている「若くして出世する」キャリアと「現場でたたき上げた」ノンキャリアとの確執はウソ。そもそもキャリアとノンキャリアは役割が違っているのです。

実際は、警察庁と本部の役割が異なるように、キャリアとノンキャリアの役割もまったく異なるもの。キャリアは指導・監督者としてデスクワークが主となり、ノンキャリアは捜査や警備といった実務を担うのです。

すなわち、刑事ドラマにあるような警察のキャリアが現場で率先して動くようなことは、現実的には職務の範囲外。とはいえ、警察官として「市民の安全を守る」という職務については、どちらも同じであるのは確かでしょう。

■「警察官」おすすめ記事
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
ノンキャリアの警察官の厳しい出世競争と退職金
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事