ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイ最新モデル「ホンダvs.ヤマハ」の価格差

現在、日本の道路を走る白バイはホンダ車のシェアが圧倒的です。しかし、少数ではありますがヤマハ車の白バイも頑張っています。世界を代表するオートバイメーカー2社の白バイで装備にどの程度違いがあり、値段にどれぐらいの差があるのか、調べてみました。


白バイ最新モデル「ホンダvs.ヤマハ」の価格差

白バイで圧倒的シェアを持つホンダ

日本全国でもっともよく見かける白バイは、ホンダCB1300Pでしょう。ベース車のCBR1300 Super Bold’orは2005年発売ですが、白バイに採用されたのは2009年からです。

白バイ仕様で市販車と大きく違う部分は、後部座席部分に白いボックスがあることと、サイドバンパーが付いていること。丸形メーターが特徴の市販車に対し、CB1300Pはデジタルメーターを採用。スピード違反取り締まり時に測定した速度は、付属のプリンターで印刷できる仕組みになっています。

緊急走行に必要な赤色回転灯とサイレンアンプ・スピーカーも搭載。赤色回転灯は後部マストの上、フロントカウル両脇にスピーカー一体で各1個が付きます。

ヤマハの白バイは2種の赤色灯が存在

一方、ヤマハの白バイ・FJR1300APは同社のツアラーモデル・FJR1300Aがベースモデルです。警察庁では2014年に30台を導入しています。そのほか、警視庁などが都道府県予算で採用するケースもあります。

白バイには警察庁が決めた仕様があり、FJR1300APでも基本装備はCB1300Pと変わりありません。とはいえ、細かな違いはあり、CB1300Pはフルデジタルメーターなのに対し、FJR1300APの場合はエンジン回転数だけメーターがアナログ表示となっています。

なお、FJR1300APの場合、2014年に導入された警察庁分とその後に各都道府県警が購入したものでは、前部脇の赤色灯が変わっています。警察庁仕様では直方体型の点滅型を使用していましたが、警視庁が導入したものは、CB1300P同様のスピーカー一体形赤色回転灯です。


白バイとベース市販車との価格差

それでは、ホンダのCB1300PとヤマハのFJR1300APではどの程度価格に違いがあるのでしょうか。ベースの市販車では、FJR1300AP導入当時のFJR1300Aが142万円。それに対してCB 1300 Super Bold’orは約130万円と、12万円ほどの価格差があります。

一方、白バイについては警察庁が30台のFJR1300APを購入した価格は約4880万円。1台当たりにすると約163万円となります。同時期にCB1300Pも251台購入されていて、こちらの価格は約3億6200万円で、1台あたりを計算すると144万円となります。

ベース車では約12万円だった価格差が、白バイでは約21万円に広がる結果となりました。警察庁がFJR1300APを導入したのは2014年1回ですが、ヤマハは今もFJR1300APを作り続けています。2019年以降、白バイでヤマハの巻き返しがあるか、注目です。

■「白バイ」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
白バイの車種でわかる交通違反取り締まり危険度
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法

■「交通違反」おすすめ記事
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事