ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りはレーダー照射角で誤測定の可能性

ネズミ捕りとは、有人式のスピード取り締まりのこと。警察官が速度測定器を道路脇に設置し、違反者を停止させてその場で違反キップを切るというスタイルです。スピード違反の検挙数のほぼ半分を占めています。ネズミ捕りには速度測定方式に「レーダー式」と「光電式」があり、レーダー式には誤測定の可能性があるのです。


ネズミ捕りはレーダー照射角で誤測定の可能性

ネズミ捕りではステルス型レーダー

有人式のスピード取り締まり「ネズミ捕り」は、速度測定方式でレーダー式と光電式に分類できます。このうちレーダー式は10.525GHzの電波を発射して、反射して戻ってきた電波の波長から車のスピードを算出する仕組みです。

レーダー式のネズミ捕りでは、速度測定器のアンテナを三脚に載せて道路脇に設置。測定器のそばには現認係の警察官が待機していて、違反者が通過すると停止係や取り調べ係にナンバーやクルマの種類、カラーなどの特徴を伝えています。

レーダー式のネズミ捕りで使われる電波は、無人式のスピード取り締まり装置「オービス」のレーダー式と同じ周波数。いわゆるレーダー探知機で事前に電波をキャッチできるので、スピード取り締まりの存在を事前に知ることができます。

このため、速そうなクルマが来た時だけ現認係が手元のスイッチを操作して速度測定を開始する、ステルス型レーダーが登場。電波がその瞬間しか発射されないため、レーダー探知機が警告した時には、すでに速度測定済みです。現在のレーダー式のネズミ捕りはこのステルス型が主流になっています。

ネズミ捕りはスピードをプラス補正

ネズミ捕りで使われるレーダー式の測定器は、クルマの正面から速度計測するのが理想形。とはいえ、道路上にアンテナを設置するわけにはいきません。

そこで、レーダー式のネズミ捕りには、車両の進行方向と27度の角度をつけた「27度法」と、ほぼ平行にレーダーを向けた「0度法」の2つの方法があるのです。27度法のように斜めから測定した場合、測定値は実際のスピードより低くなるため、その角度ぶんのプラス補正をかけて速度測定しているのです。

このため、レーダー式のネズミ捕りで27度法で測定している時、例えば車線変更などで速度測定器とクルマの角度がゼロとなると、測定値は実際のスピードより高くなってしまいます。

すなわち、レーダー式のネズミ捕りは誤測定の可能性があるということ。ネズミ捕りで覚えのない速度測定値が出た時には、誤測定かどうか検証した方がよいかもしれません。

なお、0度法は直線道路の場合は5度といった小さな角度で設置。測定可能距離は約100mとされています。そして、この場合はプラス補正は行われていません。むしろスピードは少し低く測定されているのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事