ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービス作動速度が30km/hオーバーとされる理由

路上に設置されたカメラと赤外線ストロボで、速度違反の車両を自動的に撮影する無人式のスピード取り締まり装置が「オービス」です。よく「オービスに撮影されると一発で免許停止」といわれています。はたして、オービスが速度違反で自動的に撮影するスピード違反の速度は何km/hなのでしょう。


オービスの作動速度「30km/h超」といわれる理由

オービスの撮影は赤キップの速度違反

基本的にオービスは、極めて悪質な違反車を撮影することになっています。その目安となるのが、赤キップの違反。赤キップとは、違反点数が6点以上の重い違反のときに渡される「交通切符告知票」のことです。ちなみに、青キップは6点未満の軽微な交通違反が対象となっています。

赤キップを渡されるということは、交通違反の前歴がなくても最低6点が加算されるため、少なくとも30日の免許停止ということ。前歴によっては免許取消などの処分もありえます。

速度違反で赤キップとなるのは一般道で超過30km/h以上、高速道で超過40km/h以上です。つまり、オービスは速度違反を一般道だと30km/hオーバー、高速道だと40km/hオーバーで作動するということです。

オービスの速度違反が占める検挙割合

このため、オービスに速度違反で撮影されると一発で免許停止になるというわけ。逆にいえば、オービスは一発で免許停止になるような極めて悪質は速度のスピード違反でしか作動していません。

実際、取り締まり方法別の速度違反の検挙割合がそれを物語っています。速度違反の検挙は定置式が53.1%、追尾式が43.6%です。定置式とはいわゆるネズミ捕りといわれる有人式の速度取り締まりとレーダーパトカーによる取り締まりのこと。追尾式はパトカーや白バイによる追尾での速度取り締まりになります。

これに対して、オービスによる速度違反はわずか3.3%しか占めていません。この数値を見ても、オービスがとくに悪質な速度のスピード違反を取り締まっていることがわかります。

ただし、最近では可搬式の新型オービスが登場。新型オービスの場合、青キップのスピード違反も取り締まっていると報告されています。オービスの作動速度は一概に30km/hオーバーとはいえなくなっているのが現状です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事