ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」

はんぺんのような白い正方形のレーダー部が特徴的なのがHシステム。レーダー波で車速を計測するオービスです。レーダー式オービスより新しいシステムのため、レーダー波は断続的に発車される仕組みになっています。Hシステムの特徴を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」

Hシステムの名称の由来とは

「高速走行抑止システム」が正式名称のHシステム。製造メーカーは三菱電機で、既にオービス部門から撤退しているため今後増えることはありません(現在は保守・管理のみ)。

しかし、北海道など雪国ではまだまだ主力として働いています。正方形の白い「はんぺんアンテナ」がHシステムの特徴ですが、阪神高速道路に初めて設置された時は丸型アンテナでした。

ドライバーの間では、丸型を「元祖Hシステム」、はんぺん型を「新Hシステム」と呼ぶことも。なお、名称の“H”は“阪神”が由来です。

Hシステムは1度警告を行う

Hシステムのユニットは赤外線ストロボ、はんぺんアンテナ、CCDカメラで1セット。レーダー波はレーダー式オービスと異なり、断続的に発射されているのが特徴です。また、CCDカメラで撮影した写真は、警察署や高速隊本部にある中央装置に通信回線にて伝送されます。

Hシステム本体の前に、警告用の電子掲示板が設置されているのもポイント。「抑止システム」というだけあり、速度超過車両に1度警告を行います。

そして、それを無視した不届きな車両を、はんぺんアンテナで計測し記録するという仕組みです。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「オービス」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
新東名のオービスは門型支柱上に設置されている
新東名のオービスが設置されるポイントとは?
首都高オービス!品川線の遭遇ポイントはココ!!
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説
レーダー式オービスは昔ながらの取り締まり装置
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事