ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

署活系のデジタル警察無線で事件発生を知る方法

警察活動の現場で使われる通信網、いわゆる警察無線はデジタル化されているため、電波を受信しても通話の内容を聞くことはできません。しかし、使用している周波数を調べて受信すれば、その通話頻度によって「事件が発生している」かどうかが把握できるのです。


署活系のデジタル警察無線で事件発生を知る方法

解読できないデジタル化した警察無線

警察無線は「主幹系・署外活動系・隊内系」の3つに大別されます。主幹系が各県にある警察本部とパトカーの通信、署外活動系が県内各所にある警察署とそこに配属される警察官との連絡用、隊内用は主に機動隊が警備の際に部隊内の連絡に使うものです。

3つの警察無線はいずれもデジタル化されていて、解読できないため通信内容は聞けません。また、それぞれシステム自体が異なる独立した存在で、相互に連絡することができない仕組み。融通の効かないシステムのように見えますが、数多くの通信を統制するためには、この方が効率的なのです。

デジタル化された警察無線で注目したいのが、署活系(しょかつけい)と略して呼ばれる署外活動系。その名の通り、警察「署外」である街に出て「活動」する警察官が管轄地域内で使用する通話エリアの狭い無線システムです。

警察無線のデジタルならではの特徴

署活系の警察無線は管轄地域内にいる警察官と連絡を取れればよいので、無線の出力は弱く1Wです。しかし、警察署の屋上に立てたアンテナから発射されるため、電波は意外なほどよく飛びます。隣の警察署の管轄地まで飛ぶこともあるほどです。

現在使われている署活系は、警察署側が360MHz帯、警察官側が348MHz帯の2波を使ったレピータ方式を採用。そして、警察署側からは通信がないときでも5秒間隔で「ザッ」と一瞬電波が出るというデジタルならではの特徴があります。

このため、警察署の前で警察無線の電波をキャッチして受信機のスピーカーから聞こえる5秒に1回の「ザッ」という音が「ザー」になったら警察官がしゃべっているということ。それが頻発していれば、地元で大きな事件が発生していることがわかるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事