ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職務質問で慎重に対応すべき「階級章」判別方法

警察官2人組で行われる職務質問では、どちらか一方が必ず上官です。9つある階級章を見方を覚えていれば、どちらの警察官に権限があるのかすぐ分かります。警察は階級制なので上官には逆らえません。職務質問で話がこじれたら、階級が上の警察官と交渉した方が事態が収まりやすいでしょう。


職務質問で慎重に対応すべき「階級章」判別方法

職務質問する機会が減る警部補以上

警察は階級制であることはご存じのとおり。左胸に付けた階級章によって誰でも識別できます。警察官の階級章を見分けるポイントは「地色」と下の「草の色」、左右の「バーの数」。この組み合わせで階級を示しています。

とはいえ、キャリアと呼ばれる、いきなり「警部補」からスタートする警察官は、職務質問など行いません。すぐに昇進して階級章の棒の数を増やしていきます。階級章の草の色が金色になっている警部補以上の警察官を街中で見かけることは、あまりありません。

ただし、ノンキャリアで昇進してきた警部補の場合は、交番や自ら隊などの現場で活動しています。しかし、交番所長や小隊長になっていて書類仕事が多く、職務質問など現場の第一線で活動する機会は減ってしまうのです。

職務質問では巡査長には慎重に対応

このため、現場に立って積極的に職務質問してくる警察官は「巡査部長・巡査長・巡査」がほとんど。階級章の地色は銀色、草の色も銀色で、バーの数が1本なら巡査、2本なら巡査長、3本なら巡査部長です。

とくに、交番勤務で実績を上げて勤務成績優秀者にならないと、巡査部長への昇任試験を受けさせてもらえない巡査は、必死で職務質問してきます。

なお、職務質問は2人組で行うのが一般的で、どちらか一方が必ず上官です。ただし、警察官が同じ階級の場合、指導係や先輩である「先任(せんにん)」の警察官が上官になり、現場の権限を持ちます。

また、巡査長は勤続10年にて自動的に昇任するもの。逆に言えば、巡査部長に昇任できていない警察官。30歳を過ぎた巡査長には、クセのある警察官が多いともいわれています。職務質問では慎重に対応した方がよいでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事