ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ

犯罪を犯したわけでもないのに、警察官に職務質問で呼び止められるのは気分のよいものではありません。疲れて早く家に帰りたいときなどは、つい警察官への態度もきつくなるもの。しかし、それが余計に時間をとられることにつながります。職務質問でやってはいけない2つのNG行動を見てみましょう。


スポンサーリンク
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ

職務質問で警察手帳の要求はNG

職務質問された時のNG行動は2つ。警察官に向かって警察手帳を見せるよう要求するなど本物かどうかを疑う行為と、「俺らの税金で飯食っているんでしょ?」と、唐突にケンカ腰で応対する行為です。

これらは警察官の自尊心を非常に貶めることであり、プライドを傷つけてしまいます。「別にあなたから給料をもらっているわけじゃない」と、警察官の心象は最悪になるといいます。

「職務質問ぐらいで、なぜあなたはそこまで焦る必要があるんですか?」と、警察官側の職質スイッチを入れてしまう可能性があるのです。ゆえに、彼らの間における暗黙のルール“目には目を、歯には歯を”を発動させることに…。

職務質問で持ち物検査が省略される

一方、OK行動は自身の身分を即座に明かすこと。免許証や保険証を、常に出せるようにしておくと協力的な対象とされ、警察官からの好感度は上がります。自転車に乗っていた場合は、自転車から降りて対応するとよりベターです。

もちろん、警察官によって異なりますが、職務質問に協力的だと持ち物検査などを省略される場合もあるといいます。余計な時間をとられないためにも、自分の身分をすぐに明かして協力的な態度をとるのが賢明です。

なお、職務質問する側の警察官には各自治体ごと、つまり警察署ごとに職質対象者用のマニュアルやルールが存在しています。例えば、東京都千代田区エリア。2008年の秋葉原通り魔事件以降、ちょっとでも怪しそうであれば職務質問するように徹底されています。

具体的には、迷彩柄の服装で(リュックやアクセサリー含む)、大きなバッグの所持者などはまっ先に職務質問の対象になるのです。(文/ジャンクハンター吉田)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事