ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察「ネズミ捕り」で都市部に多いのは○○式?

複数の警察官が待ち伏せするスピード取り締まり「ネズミ捕り」は基本的に「現認係・停止係・取り調べ係」の3班体制。スピード計測地点にいる現認係は、速度測定装置の背後の物陰にヘッドセットを装着して潜んでいます。ネズミ捕りの現認係は何のためにヘッドセットをしているのでしょうか。


「ネズミ捕り」でレーダー式と光電式の違いは?

ネズミ捕りのレーダー式は地方で健在

ネズミ捕りの速度測定装置には「光電式」と「レーダー式」の2種類が存在します。いずれの速度測定方法でも、設定値以上とクルマが測定されるとヘッドセットで「ピー」音が鳴ります。現認係はすぐ停止係に対象車両のナンバー、クルマの種類、塗色、車線などの特徴を、無線か有線で伝えます。

取り調べ係が待つサイン会場にはスピーカーがあり、こちらも同時に「ピー」音が鳴り、直後に現認係からの報告が会場全体に響き渡る仕組み。ちなみに、レーダー式の速度測定装置を操作するためには、第二級陸上特殊無線技士の資格が必要です。

レーダー式ネズミ捕りはおもに地方で健在。10.525GHzの電波を走っているクルマに当て、跳ね返るその周波数の変化(ドップラー効果)で速度を測定します。このレーダー波を受信して速度取り締まりの存在を知らせてくれるのがレーダー探知機です。

こうしたレーダー探知機対策として、レーダー式のネズミ捕りには1990年頃からステルス型が登場。現認係が違反していると思った時だけボタンを押して断続的に測定電波を発射します。今では大半がステルス型です。

ネズミ捕りの光電式に誤動作の可能性

光電式のネズミ捕りが行われるのは主に都市部。3mの区間をクルマが何秒で走るかの時間を計測して速度を算出します。このとき、ストップウォッチのスタートとストップのボタンの役目を果たすのが「光」です。

光電式のネズミ捕りは、速度測定に送受光器と小型反射器の組合せを3m間隔で2セット設置。前輪がスタートボタン側ユニットの光を遮ると計測を開始して、前輪が3m離れたストップ側の光を遮ると計測を終了します。

使用されているのが光線で、しかも照射方向が車を向いていないため、事前に探知することはほぼ不可能です。

一方で、光電式のネズミ捕りは誤作動の可能性があります。スタートとストップでクルマの異なる部分でレーザーを遮蔽した時は正しく計測できません。例えば、道路の凹凸でクルマが上下動したり、測定区間を斜めに走行したりしても誤差が生じそうです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事