ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

チャカとは警察用語で拳銃の意味だったが今は使わない

警察用語は、その数がとても多いのが特徴。職務上、市民のプライバシーに立ち入らざるを得ないことが多いので、会話に警察用語を散りばめて、秘匿性を高めているのです。そこで、おもに犯罪に関わる警察用語を集めてみました。チャカとは警察用語で拳銃の意味でしたが、今は使われなくなっています。そんな警察用語の意味や語源を見ていきましょう。


警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ

チャカとは引き金を引く音の意味だった

警察用語は各都道府県警察ごとに独自用語があったり、時代によっても変化するもの。例えば、ドラマでおなじみの、拳銃を表す“チャカ”という警察用語です。チャカとは、拳銃の引き金を引くときの「カチャッ」という音をひっくり返した意味の警察用語といわれています。

しかし、現在ではチャカとは呼ばず“腰道具”と呼ぶのが一般的だとか。チャカの意味は広く知られてしまったので、警察用語の意味がなくなってしまったのです。そこで、警視庁の警察用語をいくつか見ていきましょう。

「あかいぬ」は、放火または火事現場のこと。連続放火犯を「赤ネコ」ともいいます。「かいもの師」は万引き常習犯。「たたき」は強盗のことを意味しています。「ふみこ」は窃盗。警報235 条に規定されているためです。

チャカとは対で使われるギョクの意味

犯罪の文字に由来する警察用語もあります。「うかんむり」は窃盗・空き巣などのこと。「窃」の字から来ています。「ごんべん」は詐欺師・詐欺事件のこと。「ゆみへん」は強盗、強姦など「強」がつく犯罪です。

「ひっかけ」は合鍵、ピックなど解錠工具のこと。「ひっかけ泥棒」といった使われ方をします。「プー屋」はダフ屋のこと。キップのプに由来しています。「もさ」はスリ。「もさ係」はスリ担当刑事を意味します。

このほかの警察用語として「のび」は泥棒。「忍び」から来たものです。「横」は横領のこと。「コレラ」は常習者です。「こめへん」は精神病者。「精」の米に由来します。

なお、拳銃と身近に接しているマル暴刑事の警察用語としては「刺青」が銃撃事件の火薬の飛散痕、チャカの代わりに「親」が鉄砲、「子」が弾丸です。また、チャカとは対で使われる「ギョク」は弾丸を意味します。

■「警察用語」おすすめ記事
警察用語でやどは留置場で別荘は刑務所のこと
警察用語「さんずい」「うかんむり」何のこと?

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事