ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホ下取り「暗号化した状態で初期化」が安全

スマホは個人情報の宝庫。古いスマホを下取りに出すとき、内部のデータから情報漏洩しないか心配という人も多いでしょう。そこで、Androidスマホを下取りに出すときに簡単に個人情報が漏れるのを防ぐ方法を紹介しましょう。スマホを下取りに出すときは、暗号化した状態で初期化するのです。


スマホ下取り「暗号化した状態で初期化」が安全

スマホ下取りは暗号化してから初期化

スマホを下取りに出すとき、初期化して個人情報を削除するのは当然のこと。しかし、念には念を入れておきましょう。スマホの下取りは一度、暗号化してから初期化することによって、より安全性が高まるのです。

例えば、悪意ある第三者が特殊なソフトを使って初期化された端末のデータの復元を試みたとします。うまい具合にデータが復元されたとしても、暗号化されていればパスコードがない限りファイルを開くことは不可能です。

Androidスマホの下取りで初期化の前に暗号化するには、Androidの標準機能を使います。「設定」→「セキュリティ」→「携帯電話の暗号化」を選択。「携帯電話を暗号化」をタップし、端末内のデータを暗号化するのです。

安全性アップでスマホ下取りでも安心

なお、Amazonスマホの暗号化の設定は機種によって「暗号化デバイス」「暗号化と認証情報」などメニューが異なる場合があります。マニュアルなどで確認してください。暗号化には1時間ほど時間がかかります。

暗号化が完了すると「暗号化されています」の表示が出現。これでパスコードを入力しない限り、ファイルが開けなくなるというわけです。この状態でスマホを初期化すれば安全性がアップ。スマホを下取りに出しても安心です。

ここで、もしもの場合に備えてスマホのデータを復元するソフトも紹介しておきましょう。データの削除、データの初期化、端末を水没させてしまった場合に、データを復旧できる復元ソフトが「FoneLab for Android」です。

Androidスマホ/タブレットおよびSDカードから、失われたり削除されたデータを簡単に復元できます。有料版(3,984円)では動画や音楽ファイルなど、さまざまなファイルが復元可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事