ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

型落ちスマホのストレージ不足を解消する方法

型落ちスマホの悩みといえば「ストレージ不足」。ストレージ不足で写真が保存できなかったり、アプリをインストールできなかったりという経験は誰でもあるはず。とはいえ、ストレージ不足の原因を探って対策を施せばまだまだ延命は可能。型落ちスマホのストレージ不足を解消する方法を紹介しましょう。


型落ちスマホのストレージ不足を解消する方法

型落ちスマホのストレージ不足の原因

型落ちスマホのストレージ不足を解消するには、まずは原因を探るところから。写真・動画・音楽・アプリなど、スマホのストレージを圧迫する要因はさまざまあります。まずは、どのデータがどの程度ストレージを占有しているのかを調べてみましょう。

Androidであれば設定画面の「ストレージ」項目から、各データのストレージ使用量を確認できます。iPhoneなら設定画面の「一般」→「iPhoneストレージ」をタップ。各データのストレージ使用量が表示されます。

続いて、使用頻度が低いのに、サイズが大きいアプリは削除してしまいましょう。Androidの場合は設定画面の「アプリ」→「アプリ情報」から、アプリサイズを確認可能。iPhoneは設定画面の「一般」→「iPhoneストレージ」で、アプリのサイズを確認します。

やたらとサイズの大きいアプリは、1度削除して再インストールしましょう。各種保存データがクリアされて容量が小さくなります。

型落ちスマホのストレージ不足を解消

Webブラウザは1度開いたページをキャッシュとして保存するため、ストレージを圧迫する要因になります。ブラウザのキャッシュをクリアすることで、空き容量を確保できます。

Chromeなら「設定」→「プライバシー」→「閲覧履歴データの削除」を開き、「キャッシュ~」を削除。Safariなら設定画面で「Safari」を開き、「履歴とWebサイトデータを消去」からキャッシュを削除します。

写真や動画を無制限に保存できる「Googleフォト」。ここに保存した写真・動画は、スマホに残しておく必要がありません。消してしまってOKです。特に、容量の大きい動画ファイルを整理するとストレージ不足解消に効果的でしょう。

Googleフォトの設定で「バックアップと同期」を開き、アップロードサイズを「高画質」にします。設定の「デバイスの空き容量の確保」から、保存した写真・動画を一括削除すれば、ストレージ不足がすぐに解消するでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事