ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

古いスマホはSDカードを仮想メモリ化して高速化

スマホの進化には目を見張るものがあります。2年ほど前のスマホであっても、最新のゲームをプレイするとカクついてストレスを感じることがあるほど。だからといって、すぐに機種変するのは厳しいのが現実です。そこで、古いスマホのSDカードを仮想メモリ化して高速化する方法を紹介しましょう。


古いスマホはSDカードを仮想メモリ化して高速化

スマホのSDカードを仮想メモリに設定

パソコンで動作が遅いときに検討するのが「メモリの拡張」です。メモリは、CPUが処理を実行するための作業スペースのようなもの。データを一時的に記憶する場所となります。メモリの拡張で処理速度を速くすることが可能です。

とはいえ、スマホに物理的なメモリ増設するのは不可能なので、仮想メモリという方法を用います。すなわち、スマホのSDカードのストレージをメモリとして使えるようにするのです。

なるべく高速のmicroSDカードを、仮想メモリ空間に設定。そして、使用する無料アプリは「Swapper&Tools」。アプリはGoogle Playでは配布されていないので、APKアプリ配布サイトからダウンロードします。

仮想メモリでスマホ動作性能が1.2倍

アプリを起動したら、ソフトウエアのチェックボックスをONにして、仮想メモリを設置する場所を選択するだけです。設定のポイントとしては「Active Swap on Boot」にチェックを入れて、「Swap File Position」はSDカードを選択、「Swap File Size」にはスマホのRAM領域の半分くらいを選択します。

なお「Swappiness」は、0%では仮想メモリを使わない、100%では仮想メモリのみの利用となるので、デフォルトの60%辺りに設定すればOKです。

実際にXperiaの国際スマホ端末「E6653」にて仮想メモリ化をテスト。キングストンのClass10(32GB)ではスコアは80440となり、若干の性能アップに留まりました。次にサンディスクEXTREME PRO(32GB)に切り替えて再測定したところ93566をマーク。動作性能は約1.2倍ほど向上したことになります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事