ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホの文字入力が遅いと感じた時の対処法とは

型落ちしたスマホを使い続けていると、ふと文字入力が以前と比べて遅くなっていると感じることがあります。そんな時は、まず増え過ぎた変換学習をリセットしてみるとよいでしょう。それでも文字入力の遅さが改善されない場合は、キーボードアプリを変更するという方法もあります。


スマホの文字入力が遅いと感じた時の対処法とは

遅いと感じたスマホ文字入力を改善

スマホの文字入力の「変換学習」は変換した単語を記録し、変換候補の上位に表示してくれる機能。このデータをリセットすると、遅いと感じた文字入力の速度が改善することがあります。

Androidの場合は、使用中のキーボードアプリの設定画面を開いて、学習辞書をリセットします。iPhoneの場合は、設定画面の「一般」→「リセット」を開いて「キーボードの変換学習をリセット」をタップするのです。これで変換学習を初期化できます。

変換学習をリセットしても遅い文字入力が改善されない場合は、別のキーボードアプリをインストールするのも手でしょう。デフォルトのキーボードに設定することで、動作の改善が期待できます。

スマホの文字入力が遅いなら初期化

Androidの場合は、設定画面の「システム」→「言語と文字入力」を開き、使用するキーボードアプリにチェック。そして、これをデフォルトに設定しておけばOKです。

iPhoneの場合は、設定画面の「一般」→「キーボード」→「キーボード」を開き、「新しいキーボードを追加」から使用したいキーボードアプリを追加します。今回はパソコンでおなじみの「ATOK」(1,720円)を選択しました。

なお、通常はスマホには設定だけを初期化するリセット方法が用意されています。設定を初期化すれば原因不明の不具合を改善できることがあるので、試してみるのも手。端末リセットする時は念のためバックアップしておきましょう。

Androidの場合は、設定画面の「システム」→「リセット」→「全ての設定をリセット」から、設定を初期化。iPhoneの場合は、設定画面の「一般」→「リセット」を開き、「すべての設定をリセット」から設定を初期化します。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事