ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

使ったら100%規約違反!スマホゲーム改造の闇

ここ数年はゲームといえばスマホが主流で、家庭用ゲーム機はユーザー層の高齢化が問題になるほど。そんな、スマホゲームにも改造やチートはありますが、家庭用ゲーム機とは少々事情が異なります。スマホゲームの場合、脱獄やroot化するなどスマホ自体の改造が必須とハードルが高いのです。スマホゲーム改造の世界を見ていきましょう。


使ったら100%規約違反!スマホゲーム改造の闇

スマホゲーム改造は無敵になる改変

スマホゲーム改造は、チートツールがガチガチに対策されていることが多く、さらにそれらを使うには脱獄やroot化するなどスマホ自体の改造が必須とハードルが高くなります。だからといってスマホゲームにチートが少ないかというと、そうでもありません。

近年はゲーム自体のプログラムが改変された、悪質なゲーム改造が横行しています。主戦場は、野良アプリが許されるAndroid。プログラムの改変なので、従来のゲーム改造に比べて自由度が高いのが特長です。

RPGやアクションゲームでは無敵になるものから、音ゲーならミスしないといったものまでさまざま。中にはフレームレートを上げたり、4K解像度にアップコンバートなど無害なものもありますが、たいていはゲームの内容を改変するものです。

スマホゲーム改造は簡単に入手できる

スマホゲームはコンシューマゲームと異なり、強いアイテムを得るためのガチャ(課金)で稼ぐメーカーが多く、無敵改造などはそのビジネスモデルをひっくり返す悪質な行為となります。音ゲーでも、人気タイトルのランキング上位者の半分がゲーム改造だったなんてことも…。

メーカーも対策を講じているようですが、プログラムの改造はチートツールに比べて見つけるのが難しく、ハイレベルな上位プレイヤーとチーターの区別が難しいのだとか。もし誤って上位ランカーをBANしようものなら、大問題になりかねないため、メーカーも慎重にならざるを得ないわけです。

スマホゲーム改造は「タイトル名+mod+apk」などで検索すれば、山ほどヒットします。ご丁寧にゲーム改造をまとめたサイトやフォーラムがいくつもあり、比較的簡単に入手できる状況。しかし、これらをプレイすることは完全に規約違反なので、安易に手を出してはいけません。(文/pusai)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事