ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが盗聴されてしまう遠隔操作アプリに注意

スマホは遠隔操作アプリをインストールされると盗聴される危険があります。そもそも遠隔操作アプリは、スマホを紛失した時に位置情報の取得やスマホのロックなどをリモートで行うためのもの。この機能を悪用されると、スマホが盗聴されるのです。遠隔操作アプリについて詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
スマホが盗聴されてしまう遠隔操作アプリに注意

遠隔操作アプリは盗聴ツールになる

スマホからの個人情報収集を可能にするのが遠隔操作アプリです。遠隔操作アプリはスマホ端末を紛失したり、盗難に遭った際に対処するためのもの。そのため、GPS機能を使用してスマホのありかを特定したり、スマホを遠隔操作でロックするといった機能を持っています。

ただし、遠隔操作アプリの機能は一歩間違えれば、盗聴ツールになりかねません。電話の通話内容を録音する、LINEなどSNSの内容を見る、スマホの周囲の音を聞く、居場所を特定するなど、さまざまな操作が可能です。

そんな遠隔操作アプリの1つが「FlexiSPY」。通話内容を聞く、通話を録音する、通話履歴を見る、周囲の音を録音する、SMSメッセージを見る居場所を特定する、LINEを覗く、Facebookを覗く、アプリ一覧からアイコンを消すなどが操作可能です。

ただし、導入にはAndroidはroot化が、iOSは脱獄が必要。慣れている人間でも数時間はかかります。トイレに立っている間程度で、スマホに勝手に入れることは無理でしょう。

遠隔操作アプリを設定画面から確認

「FlexiSPY」の導入は端末のroot化や脱獄などの手間がかかりますが、類似の遠隔操作アプリ「Cerberus(ケルベロス)」は導入がラクだといいます。居場所を特定する、周囲の音を録音する、録音データを送信する、スマホをロックする、写真を撮る、メッセージを表示する、アプリ一覧から消すなど操作可能です。

このほか「Android Lost」も遠隔操作アプリとしてよく知られています。このアプリをインストールすると「Personal Notes」というアプリのアイコンを表示。メモアプリの体裁をとっているのです。

なお、こうした遠隔操作アプリはホーム画面からは消えますが、設定画面の「アプリ」から確認することができます。プライバシーの漏えいを避けるためにも、スマホの遠隔操作アプリに注意しましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事