ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホのスキャンアプリで紙の文書を電子化する

高性能なスキャナーは欲しいけど、数万円という価格は手が出ないという人は、無料かつ高機能なスマホのスキャンアプリを活用してみてはいかがでしょう。スキャンアプリを使えば、スマホのカメラで撮影するだけで各種文書を手軽にデータ化。データ補正やOCRによる文字の読み取りなどにも対応しています。


スマホのスキャンアプリで紙の文書を電子化する

スキャンアプリでWord文書に保存

「Office Lens」はMicrosoft謹製のスキャンアプリです。スマホのカメラで読み取ったデータをPDFだけではなく、WordやPowerPointファイルとして出力できるのが特徴。OCR搭載で読み取ったデータは、そのままWordをはじめとしたOfficeソフトで編集が可能です。

アプリを起動してカメラで原稿を撮影すると、自動で取り込む範囲を認識。撮影データには補正がかかるので、斜めから撮っても問題ありません。撮影したら保存先を選択。PDFだけでなく、Wordの文書やPowerPointとしても保持できます。

例えば、Wordに出力したファイルは、そのまま通常の文書として編集可能。すなわち、紙の文書をWordで編集できるようになるわけです。

スキャンアプリでテキストを抽出

「CamScanner」は、さまざまな文書を手軽にデータ化してくれるスキャンアプリ。補正機能が優秀で、撮影環境が悪くてもデータをくっきりはっきり強力補正してくれます。もちろんOCRにも対応しており、読み取った文書をテキストデータ化することも可能です。

具体的には、アプリを起動してカメラで原稿を撮影します。撮影後のデータから自動で原稿を認識しますが、画面上で取り込む範囲を調整することも可能。歪みや傾きが補正され、コントラストなどの調整も同時に行います。

OCRボタンを押すと、画像内の文字を読み取ってテキストファイル化することも可能。スキャンアプリならスマホで紙の文書からテキストデータを抽出できるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事