ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「++系アプリ」が手に入る非公式ストアアプリとは

App Store公式アプリに、ダウンロードや広告非表示などの拡張機能を追加したのが「++(プラプラ)系アプリ」。「YouTube++」「Twitter++」「Instagram++」「Facebook++」などがその代表格です。そんな++系アプリは非公式ストアアプリをインストールすることで手に入れることができます。


「++系アプリ」が手に入る非公式ストアアプリとは

非公式ストアアプリはTweakBoxが有名

「++系アプリ」とは公式アプリの機能拡張版。「YouTube++」ならYouTube動画のダウンロードや動画再生時の広告ブロックが可能に、「Instagram++」なら動画や写真のバックアップやUIの改良などが行えるようになります。

これら++系アプリは、App Storeでの配布は認められていないため、以前は、iPhone端末を脱獄(Jailbreak)した上でインストールしなければなりませんでした。しかし、現在は脱獄しなくとも++系アプリの使用が可能です。

インストール方法は、アプリの動作証明書入りの構成プロファイルを使い、非公式ストアから強制的にインストールすればOKです。非公式ストアアプリとしては「TweakBox」がよく知られています。

TweakBoxに非公式アプリが表示される

「TweakBox」をiPhoneにインストールしたら、ホーム画面に追加されているアプリを起動。さまざまな非公式アプリがカテゴリー別に表示されるはずです。ここで目的の++系アプリをタップしてインストールします。

あとは「設定」の「プロファイル」からプロファイルを認証。インストールした++系アプリを起動するのです。Instagram++の場合、公式アプリでは不可能な動画や写真のダウンロード、写真の拡大・縮小表示などが行えるようになります。

なお、こうした非公式アプリには悪意のあるコードが検出されることもあるため、技術レベルに自信がない人は避けたほうがよいでしょう。また、公式アプリの開発元によってアカウント停止など受ける可能性もあるので注意してください。

■「アプリ」おすすめ記事
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
AbemaTVの録画をスマホでするなら「Mobizen」
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
スパイアプリの決定版「ケルベロス」の発見方法
GPS追跡アプリは仕込んだあと一覧から消せる
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。