ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法

iPhoneのICレコーダーアプリには、周囲で音がする時だけ録音する機能があります。この機能を使えばiPhoneは立派な盗聴器。iPhoneを何気なく置いておけば勝手に会話を録音してくれるというわけです。モバイル機器が普及した現在、それらを利用したデジタル盗聴が急増中です。



スポンサーリンク
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器

iPhoneをアプリで盗聴器にする

iPhone用のICレコーダーアプリ「ALON Dictaphone」には、周囲で音がする時だけ録音する機能があります。自分がいない時の周囲の会話を手軽に把握できるでしょう。すなわち、iPhoneをアプリで盗聴器にすることができるのです。

「ALON Dictaphone」は声がする時だけ保存して、無音時はすべてカット。iPhoneの空き容量をムダに消費しません。

実際の使い方は「ALON Dictaphone」の設定画面で「詳細設定を開く」を選択。「制限レベル録音起動」を有効化します。

iPhoneで自動録音アプリを使う

iPhoneが勝手に会話を録音する

そして、メイン画面に戻って録音ボタンをタップ。これ制限レベルで音がする時だけ録音されるようになります。iPhoneを何気なく置いておけば、勝手に会話を録音してくれる盗聴器になるというわけです。

録音ファイルは、2倍速や4倍速再生も可能。録音形式はMP3でPCへの保存も可能です。

「ALON Dictaphone」は有料アプリ。App Storeで500円で購入することができます。この情報は『ラジオライフ』2015年3月号に掲載されていました。

■「iPhone録音」おすすめ記事
iPhoneを録音するならスマホ用レコーダー

■「盗聴アプリ」おすすめ記事
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器にするデジタル機器はその目的で変わる

■「iPhone」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhoneの広告を消す方法!追尾広告とオサラバ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事