ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneの広告を消す方法!追尾広告とオサラバ

iPhoneでサイト閲覧中に現われる追尾広告。スクロールしても一緒に移動するため、非常に厄介です。そんなとき、追加アプリもなしでiPhoneから邪魔な追尾広告を消す方法を紹介しましょう。ブックマークにあるプログラムをコピペして使えばOKです。



スポンサーリンク
iPhoneの広告を消す方法

iPhoneの追尾広告を消す方法

Webサイトを見ていると頻繁に出てくる「追尾広告」。スクロールしてもついてくるので非常に厄介です。

そこで、ブックマークのURLにプログラムをコピペする「Bookmarklet」を設定しましょう。ワンクリックで追尾広告を消すことができます。

iPhoneの標準ブラウザアプリのSafariでのやり方を紹介しましょう。「ブックマーク」→「編集」から、あらかじめブックマークした任意のサイトのブックマークを開きます。

iPhoneから追尾広告が消えた

そして、タイトルとURLを変更。タイトルは「追尾広告消し」などにし、URL欄は下記のプログラムをコピペし書き換えます。

javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement(‘SCRIPT’);e.setAttribute(‘language’,’JavaScript’);e.setAttribute(‘src’,’http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js’);e.setAttribute(‘charset’,%20’UTF-8′);d.body.appendChild(e);%7D)();

あとは、サイトの閲覧中に追尾広告が出現するのを待つだけ。追尾広告が現れたら、変更したブックマーク「追尾広告消し」をタップします。

iPhoneで閲覧中のページから追尾広告が消えます。この情報は『ラジオライフ』2013年2月号に掲載されていました。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
ペット写真をiPhoneで撮るなら「横撮りレンズ」
iPhoneを録音するならスマホ用レコーダー
iPhone4Sのバッテリー交換を自力でやる方法
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事