ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

YouTube公式アプリより便利な野良アプリとは?

「YouTube Vanced」は、YouTubeの公式アプリには無い機能を備えた野良アプリです。広告ブロックやバックグラウンド再生など「YouTube Premium」と同等の機能が使えるようになります。その他、動画の再生速度を変更したり、消音時に自動で字幕表示に切り替えるといった設定が可能です。


YouTube公式アプリより便利な野良アプリとは?

YouTube Vancedでポップアップ再生

「YouTube Vanced」をインストールすると「広告の自動ブロック」と「ポップアップ再生」の2機能は初期状態で使用可能。その他の機能は設定が必要なので、お好みで取り入れるとよいでしょう。

バックグラウンド再生の設定は、設定画面を開き、「バックグラウンド」を選択し「常にオン」に変更。これでバックグラウンド再生が有効になります。他のアプリの起動中もYouTubeを垂れ流しできるのです。

最新コーデックで4K動画を快適に視聴する設定は、設定画面の「VancedSettings」を開き、「CodecOverride」を選択。「VP9 Codec」を有効にすると、最新コーデックが使用されます。これで高画質動画の読み込みが速くなるのです。

接続環境で画質を自動選択する設定は「Vanced Settings」→「Video Settings」を開き、設定したい接続環境を選びます。画質の一覧から自動選択される画質を選択。Wi-Fi接続時は1080pにし、モバイル時は下げておくと安心です。

YouTube Vancedは野良アプリで配布

なお「YouTube Vanced」は、Google Playではなく野良アプリとして配布されているもの。ゆえに、セキュリティ設定で「不明なアプリをインストールする」を有効にしてからインストールする必要があります。

野良アプリとは、公式アプリストアを通じて配布されておらず、一般的なWebサイトなどを通じて提供されているアプリの俗称です。AndroidアプリならGoogle Playに登録されていないアプリ全般が野良アプリに該当します。

野良アプリの中には、公式アプリストアの審査で登録されなかったものや、開発者が正式な登録を済ませていない身元不明アプリ、root化を必要とするものなど、さまざまな種類があります。中には、悪意のあるコードを含んだものもあるので注意が必要です。(文/中谷仁)

■「YouTube」おすすめ記事
YouTubeの動画広告を自動でスキップする方法
YouTube「制限付きモード」かを一度確認すべし
YouTubeの動画再生前の広告を自動的に消す方法

■「動画」おすすめ記事
スマホで本当に使える動画再生アプリを3つ厳選
iPhone動画再生プレーヤーで最強のアプリは?
iPhoneの動画を高画質のまま圧縮保存する方法
デスクトップキャプチャーソフト4種を徹底比較
AG-デスクトップレコーダーの使い方と設定法
中国の動画サイトでユーザー数No.1はどこだ?

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事