ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

計算式を解いてアラームを止める目覚ましアプリ

睡眠アプリは、就寝時に枕元にスマホを置いておくことで睡眠の深さやいびきを計測できるアプリです。これによって睡眠の質を調べるというのが、基本的なコンセプト。その睡眠分析を利用して最高のタイミングでしっかり起こしてくれる目覚ましアプリを紹介しましょう。二度寝を防げるアラーム停止アクションがユニークです。


計算式を解いてアラームを止める目覚ましアプリ

目覚ましアプリのアラーム停止に計算

目覚ましアプリ「熟睡アラーム」は、睡眠の分析は他アプリにやや劣るものの、目覚まし機能が非常に秀逸。最長2時間前から睡眠を監視して最高のタイミングでアラームを鳴らしてくれます。

しかも、計算などをしないとアラームを止められないようにアラーム停止アクションを設定できるので、うっかり二度寝…なんて事態も回避できるでしょう。

アラーム停止アクションは「仲間はずれ探し・計算・シェイク」から選択可能。例えば、計算なら「3×4+5」などの計算式が表示され、選択肢から正解を選ぶ仕組みです。

目覚ましアプリも睡眠データを記録

簡単な問題では起きられないという人は、アラーム停止アクションの難易度を上げることも可能。仲間はずれ探しと計算は難易度をレベル1~3で設定可能。シェイクは振る回数を「20回・30回・40回」で設定できます。

目覚ましアプリとしてだけでなく、就寝時間や入眠時間といった睡眠データの記録から睡眠効率なども分析してくれます。いびきを記録する機能もありますが、判定は甘めで小さいいびきは認識されないことも…。睡眠管理と目覚まし機能をメインに活用するのがベターでしょう。

他アプリの場合、目覚ましアラームのタイミングは30分前から睡眠を監視しますが、このアプリは最長2時間前から監視できる仕様です。寝起きの悪い時も、余裕を持って目覚められました。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事