ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

これまで「盗聴器」は電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホが普及した現在、盗聴器の定義すら変わりつつあります。なんと盗聴器は、スマホに自動応答アプリを入れるだけで作れてしまうのです。使い方も、アプリを有効にしてから電話をかけるだけ。詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
盗聴器はスマホに自動応答アプリだけ

スマホが自動応答で盗聴器になる

「自動応答(無料版)」は着信に自動応答してくれるAndroidアプリです。このアプリをターゲットのスマホに導入しておけば、勝手に電話に応答。スマホが盗聴器のように使えてしまいます。

使い方は、ターゲットのスマホに「自動応答(無料版)」をインストール。自動応答する機能を有効にしておきます。

あとはターゲットに電話をかけるだけ。アプリが自動応答してくれるので、まるで盗聴器のようにスマホのマイクから周囲の音声が聞こえてくるというわけです。

盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

パワーアップした盗聴器に変身

この自動応答アプリにBluetoothのClass1対応レシーバを組み合わせると、さらにパワーアップした盗聴器に変身。スマホから離れた場所までも盗聴できるようになります。

Bluetooth対応レシーバならターゲットが自動応答したスマホから離れても、半径100mまでなら通信可能。近しい人間の身辺調査の際に、クルマなどにこういったレシーバが仕込まれることがあるといいます。

レシーバを仕込めるのは身近な人間。ということで、夫婦や恋人の浮気現場を証拠固めする時などに利用されるようです。


スポンサーリンク

盗聴器にも使える寝言録音アプリ

なお「自動応答(無料版)」はAndroid5以上では動作しません。そこで、使い方次第では盗聴器にもなってしまうのが寝言録音アプリです。

音がした時のみ録音されるVOX機能付きであれば、室内音がするときだけ録音することが可能。使わなくなったスマホが簡易盗聴器になってしまいます。使う機材はスマホだけなので、無造作に机や棚に置いてあっても違和感がありません。

「Sleep Talk Recorder」は自分の寝言を録音するために作られた無料アプリ。パートナーのうるさいいびきや寝言を録音して本人に聞かせるために使われたりと、もともと盗聴器のような使い方もされています。

利用方法は録音の感度を調整して「有効にする」をタップ。これで録音が始まるので、あとは目立ちにくい場所にスマホをセットすればOKです。録音データはWAV形式でPCに送って残せます。

盗聴器にも使える寝言録音アプリ

盗聴器のように使うための設定方法

盗聴器のように使うための具体的な設定方法は、最初に録音設定を開いて「フィルター」のチェックを外してください。また、環境に合わせて感度も調整します。画面下の「有効にする」をタップして録音開始です。

録音が終わったら「無効にする」をタップ。スマホで自動録音された音声を確認するには、再生ボタンをタップして録音データを選択します。プレーヤーが開くので、盗聴器として録音された音声を確認しましょう。

残しておきたい音声データは、シェアボタンからメールやクラウドストレージに送ることが可能。もし、うまく音が録音されていないようなら感度を高めに設定してみましょう。


スポンサーリンク

従来からある電波式の盗聴器も健在

とはいえ、従来からある電波式の盗聴器も健在です。盗聴器は直径6㎜ほどのコンデンサマイクで室内の音声を拾い、それを電波で飛ばすのが基本構造。盗聴器は電源方式と外観の形状によって4タイプに分類できます。

電源方式は「電池式」と「AC電源式」の2種類。電池式の盗聴器は、内部に電池を収納しているため設置場所の自由度が大きいことが特徴です。電池の持ちは長くて1週間で、電池が切れると停波。定期的な電池交換が必要です。

AC電源式の盗聴器は、家庭用コンセントなどに寄生して半永久的に電波を出し続けることが特徴。AC100Vの電源確保のため、設置場所がコンセント周りや家電内部に限定されます。

また、盗聴器は形状で分けると「ボックス型」と「擬装型」に分類可能。これに電池式とAC電源式を掛け合わせると、代表的な盗聴器4タイプとなるわけです。

盗聴器は電源方式と外観の形状で4タイプ

AC電源式のボックス型の盗聴器

電池式のボックス型の盗聴器は、やや厚めの100円ライターサイズの黒い箱の内部に、単3~5形乾電池や006P型電池を収めていて、どこにでも設置可能。付属の15cmほどのワイヤーアンテナを装着すると送信範囲が拡大します。

AC電源式のボックス型の盗聴器は、壁面にあるコンセント内部や家電内に仕掛けるタイプ。2つのミノ虫クリップをAC電源にはさみ込んで受電。設置に時間を要する一方で、秘匿性が極めて高いため見つかりにくいのが特徴です。

電池式の偽装型の盗聴器は、これまで電卓や置き時計といった電池で動作する機器の内部に仕込まれるのが定番でした。しかし、電池の小型化でペンへの擬装も可能になっています。ありとあらゆる製品に擬装しているのが現状です。

AC電源式の偽装型の盗聴器としては、コンセントに挿すだけで動作する三叉式ソケット型が有名。テーブルタップ型もあります。家庭のほか、オフィスやラブホテルにもよく仕掛けられる盗聴器です。

■「盗聴器とスマホ」おすすめ記事
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器にするデジタル機器はその目的で変わる
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器発見の最終段階はアンテナ感度を下げる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事