ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのあらゆるパスワードを解除できるツール

「昔使っていたiPhoneのパスコードを忘れてしまった」「親がスクリーンタイムを設定していて自由にゲームできない」という人は少なくないはず。ならば、iPhone用パスワード解除ソフト「AnyUnlock」を試してみてはいかがでしょう。iPhoneのあらゆるパスワードを解析・解除・無効化する方法を見ていきます。


iPhoneのあらゆるパスワードを解除できるツール

iPhoneの各種パスワードの解除ツール

iPhone用パスワード解除ソフト「AnyUnlock」は、有料ツールだけに高精度・高確率で、Apple IDや画面ロックの解除(初期化)、スクリーンタイムのパスコード解析などが可能です。直感的に分かりやすいUIで、処理スピードが速いのも魅力でしょう。

さっそく、iPhone6(iOS12.4.7)で各種パスコード解除機能を検証します。まずは「Apple IDの削除」から。Apple IDの誤入力でロックがかかってしまった時は、Apple IDをリセットします。実際、数クリックで初期化が完了しました。なお、iOS12以降は「iPhoneを探す」がオンになっていると削除できません。

続いてiPhoneの「画面ロックの解除」です。パスコードを忘れてしまったり、FaceIDが反応しなくなったら、端末を初期化。iPhoneのOSに合ったファームウェアパッケージをダウンロードすることで、フォーマットが完了します。

「パスワードを一括抽出」は、端末内に保存されているWi-Fiアカウント、Webサイトのパスワード、メールアカウント、AppleIDなどを、CSV形式でまとめて出力できました。機種変更した時にも役立ちそうです。

iPhoneの暗号化パスワードも解除する

アプリの使用時間を確認したりコンテンツを制限できるのが、iPhoneの「スクリーンタイム」。スマホの使い過ぎを防止するのに役立つ機能で、親が子どもの端末を管理するのに利用されています。

そんな使用制限のパスコードも「スクリーンタイム解除」で解除できました。これでアプリの使用時間の延長やインストールも自由自在になります。

iTunesにバックアップしたiPhoneの暗号化データを復元するためには、パスワードの入力が必要です。AnyUnlockは「iTunesの暗号化データを復元」で、この復元用のパスワードを総当たりで解析できます。

Windows10環境下(CPU:Intel Core i5 3.4GHz、メモリ:8GB)で解析したところ、8ケタのパスワードを20時間ほどで復元できました。

AnyUnlockのPCの対応OSはWindows/Macで、iPhoneの対応OSはiOS5~13となっています。実勢価格は3,980円(1デバイス1か月利用)です。なお、1年プランは5,980円、永久ライセンスは8,980円で取得できます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事