ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのパスコードを解除できるツールの使い方

iPhoneを利用するときには、さまざまな機能に応じた認証用のパスコードを設定していくことになります。しかし、一旦設定したパスコードを忘れてしまうと、その解除や設定変更などを行うのは大変。そのような際に活用したいのがパソコン用ソフトの「AnyUnlock」で、接続したiPhoneのパスコードを解除できるようになるのです。


iPhoneのパスコードを解除できるツールの使い方

画面ロックのパスコードを解除可能

「AnyUnlock」は、iPhoneをパソコンと接続し、さまざまなアクセス制御をコントロールするソフトで、OS10.10以降のmacOSとWidows10に対応。接続するiPhoneはiOS5.0以降対応となっています。

iPhoneを利用していて、一番のピンチは設定したロック解除用のパスコードを忘れてしまったケース。iPhoneの操作自体が行えなくなります。

この時、AnyUnlockのパスコード解除機能を使うことでパスコードを解除可能。ただし、iPhone上のデータは完全消去されるため、iTunesなどで復元する必要があります。

また、Apple IDでのログインに失敗しロックがかかってしまった場合も、AnyUnlockのApple ID削除機能を利用すれば、iPhoneに保存されたApple IDがリセット可能。Apple IDのリセット後は、新たなApple IDを再登録することで、Appleのさまざまなサービスが利用できます。

iPhoneのパスワード一括抽出も対応

また、iPhoneには利用時間を制限する「スクリーンタイム」という機能がありますが、こちらのパスコードを忘れてしまった場合もAnyUnlockの「スクリーンタイム解除」からパスコードなしで解除できます。

さらに、AnyUnlockの「パスワードを一括抽出」を利用することで、Wi-FiのSSIDやWebサイトのパスワードやメールアカウントとパスワードなどを一括抽出し、CSVファイルで出力できます。機種変更時に活用すれば、元のパスワードの復元・登録作業が大幅に楽になりそうです。

さらに、AnyUnlockの「iTunesの暗号化データを復元」では、iTunesにバックアップしたiPhoneの暗号化データを復元用のパスコードを総当たり方式で解析可能。試しに、Windows10マシン(CPU:Intel Core i5 3.4GHz、メモリ:8GB)で解析したところ、8ケタのパスワードを20時間ほどで復元できました。

なお、AnyUnlockは開発メーカーの公式サイトからダウンロード可能で、価格は3か月払いプランが3580円、年間プランが3980円、無期限プランが5980円で、それぞれパソコン1台分のライセンスが付属します。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事