ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iOS16の写真切り抜きは被写体長押しで自動認識

iOS16では写真と動画に関する機能がかなり強化されています。ここでは、とくに注目の写真の切り抜き機能について見ていきましょう。iOS16では写真アプリ上で、被写体を長押しするだけで切り抜けるようになっており、画像として保存したり、そのまま別アプリで使用できます。動物や食べ物なども自動認識して切り抜き可能です。


iOS16は写真切り抜きは被写体長押しで自動認識

iOS16の写真の切り抜きは被写体長押し

iOS16の写真の切り抜きは精度が微妙な部分もありますが、ワンタッチで行える点は評価できます。この写真切り抜き機能は、幽体離脱としてSNSでも話題になりました。今後の進化にも期待したいところです。

iOS16の写真の切り抜きは具体的には、標準の写真アプリで切り抜きたい写真や動画を選択。人物などを長押しすると、一瞬光って自動で切り抜かれるのです。

指を離すとメニューが表示されるので「共有」を選び「画像を保存」を選択すると、切り抜いた画像を写真アプリ内のアルバムに保存できます。また「共有」からLINEを選ぶと、そのまま貼り付けてトークに送信可能です。

iOS16の写真の切り抜きでアリバイ写真

切り抜いて保存した画像を利用し、iPhone上だけで簡易的な合成写真が作れます。「PicCollage」を使うと合成が簡単。ロゴが入りますが無料で使えます。

「写真を選択」で、アルバム内からコラージュする写真を選択。合成パターン例が示されるので、イメージに近いものを選び拡大・縮小して配置します。

無料での使用の場合、右下にロゴが入る仕様。保存した後に下部をトリミングすることを前提にコラージュを作成するとよいでしょう。これでアリバイ写真の作成もスマホだけで完結です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事