ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新型

新型オービスによるスピード取り締まりの注意点

「オービス」とは無人式の自動スピード取締装置のこと。このオービスに今、2つの大きな変化が起こっています。1つは「新型オービス」と呼ばれる持ち運んで移動が可能な半可搬式/可搬式タイプが導入された[…続きを読む]

メンテ中「新型オービス」で見えた箱の中身は?

警察庁が「モデル事業」として導入した、センシス社の固定式の新型オービス。固定式の「SWSS」と可搬式の「MSSS」があります。現在、固定式のSWSSは埼玉県と岐阜県に配備されています。その「S[…続きを読む]

新型オービスの取扱説明書で撮影ポイントが判明

「オービス」とは、警察が路上に設置している無人式の自動速度違反取締り装置のこと。日本に初めて登場したのは1970年代まで遡ります。当初はループコイル式による速度測定でしたが、後にレーダー式が主[…続きを読む]

複数車線を計測「新型オービス」撮影距離が判明

「新型オービス」とは、2014年と2016年の試験運用を経て、2017年から全国の県警で導入され始めた非定置式の自動速度取締り装置のこと。地面に固定するものもありますが、総じてコンパクトで持ち[…続きを読む]

移動式の新型オービスに対応「挿すだけ警報器」

レーダー式オービスを事前に察知してくれる「レーダー探知機」は長年、ドライブの必携アイテムでした。しかし、ループコイル式オービスの普及もあって、GPSによる位置情報で取り締まりポイントを警告する[…続きを読む]

可搬式や半可搬式の新型オービスを察知する方法

ネットやニュースで話題になるのが設置場所を自由に移動できるの「新型オービス」です。カメラの三脚に載った「可搬式」、下に台座のある「半可搬式」があり、各県で導入が進んでいます。これらの新型オービ[…続きを読む]



新型オービス3種で速度測定がレーザー式なのは?

近年、警察の課題となっているのが通学路など生活道路での事故対策です。ネズミ捕りや追尾式によるスピード取り締まりは、クルマを停車させるためのスペースが必要なため生活道路には不向き。無人式のオービ[…続きを読む]

レーザー式新型オービスの速度測定は何m手前?

「オービス」といえば、これまで幹線道路に大掛かりな装置で取り付けられ、自動で速度取り締まりを行うというのが相場でした。しかし、2017年12月から全国各地で導入されている新型オービスは小型なう[…続きを読む]

目撃情報が相次ぐ新型オービスの取締り注意点

「オービス」と呼ばれる無人式の自動速度違反取り締まり装置が設置され始めたのは1970年代のこと。このオービスに今、2つの大きな変化が起こっています。1つは、新型オービスと呼ばれる可搬式タイプが[…続きを読む]

警察庁がモデル事業として導入したセンシス・ガッツォ・グループ(以下、センシス)のレーダー式の新型オービス。現在、埼玉県と岐阜県に配備され、最近は北海道への導入が決まりました。しかし、現在新規で[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]