ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新型オービスによるスピード取り締まりの注意点

「オービス」とは無人式の自動スピード取締装置のこと。このオービスに今、2つの大きな変化が起こっています。1つは「新型オービス」と呼ばれる持ち運んで移動が可能な半可搬式/可搬式タイプが導入されたこと。もう1つが、レーザーによる速度測定が登場したことです。新型オービスのスピード取り締まりので注意点を見ていきます。


新型オービスによるスピード取り締まりの注意点

可搬式の新型オービス導入が急ピッチ

従来までのオービスは道路にループコイルを埋設したり、道路脇に鉄柱を建てたりと、大掛かりな工事が必要です。このため、オービスが設置される場所は高速道路や幹線道路がほとんどでした。

一方、近年の課題となっているのが、通学路など生活道路での事故対策です。そこで、数年前から各都道府県警に「新型オービス」が導入されています。

現在、目撃情報が増えている新型オービスは「半可搬式」と「可搬式」です。半可搬式はトラックなどで移動できるタイプ、可搬式は三脚に載せて使用するタイプで、分解して移動できるタイプです。

そして、可搬式と半可搬式の新型オービスには「レーザー」による速度測定が導入されています。それが東京航空計器が製造する可搬式の「LSM-300」と、半可搬式の「LSM-300-HK」の2機種。急ピッチで導入が進んでいます。

新型オービスによる車両検知区間は?

どちらの新型オービスも、撮影部は基本的には「ストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサー」という構成です。半可搬式には、小さく照準用カメラの開口部がありますが、仕様はほとんど同じ。半可搬式の「LSM-300-HK」の重量は重く、移動させるには600kgに耐えうる台車などが必要です。

新型オービスの取扱説明書によると、レーザーによる車両検知区間は設置場所の手前「30mから70m」で、速度違反の判定区間は「25mから30m」。違反車を撮影するポイントは「20m」手前となります。

そして、10都道府県以上で目撃されている新型オービスが可搬式の「LSM-300」です。当初、学校周辺の生活道路での運用という話があったものの、フタを開けてみると幹線道路などでも目撃例が続出。高速道路での新型オービスによる速度取り締まりも報告されているのです。

新型オービスによる速度取り締まりは、可搬式で従来までのように固定されていないうえ、レーザー式のためこれまでのレーダー探知機では察知不可能。常に制限速度を守って安全運転を心がける必要があるのです。(写真/オービスガイド)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事