ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

泥棒

空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった

夕方から夜間にかけての窃盗を“宵空き”と言います。泥棒は人が帰宅する時刻、遅くとも夜19時頃までには盗みを終わらせたいわけです。この時期は日が暮れるのが早く、家に人がいる場合、17時頃には電気[…続きを読む]

泥棒が冬の季節に活発になる理由「宵空き」とは

警察の刑事部には警察ドラマでおなじみの捜査1課のほかに4課まで存在します。そして、2課は知能犯、3課は「盗犯」、4課は暴力団等の取り締りを担当するのです。日本中の泥棒の手口を知り尽くした、元神[…続きを読む]

泥棒の最新手口「追い出し盗」は特殊詐欺に近い

泥棒には「空き巣・忍び込み・居空き」の3パターンがあります。全体の61%を占める空き巣が一番多く、自宅にタンス預金をしている高齢者が主なターゲットです。そして、泥棒の最新手口が「追い出し盗」と[…続きを読む]

泥棒の「空き巣・忍び込み・居空き」の違いとは

「泥棒は『家に入るのに5分、入ってから5分』といわれます。つまり10分以内で、すべての仕事を片付ることをセオリーとしているのです。そこで、泥棒から家を守るには、5分で入らせない家作りをするのが[…続きを読む]

高齢者を狙う最新の泥棒の手口が「追い出し盗」

最新の空き巣の手口が「追い出し盗」です。住人を言葉巧みに外へ連れ出して、その隙に住居に侵入して空き巣をするという手口になります。神奈川県警に30年勤め、刑事部捜査3課に所属して数々の窃盗犯人と[…続きを読む]

泥棒が秋から冬に活動的になる理由は「宵空き」

警察の刑事部には警察ドラマでおなじみの捜査1課のほかに「2~4課」があります。そして、2課は知能犯、3課は「盗犯」、4課は暴力団等の取り締りを担当するのです。日本中の泥棒の手口を知り尽くした、[…続きを読む]




オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]