ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

泥棒が秋から冬に活動的になる理由は「宵空き」

警察の刑事部には警察ドラマでおなじみの捜査1課のほかに「2~4課」があります。そして、2課は知能犯、3課は「盗犯」、4課は暴力団等の取り締りを担当するのです。日本中の泥棒の手口を知り尽くした、元神奈川県警捜査3課・小川泰平氏が空き巣に狙われないためのセオリーを伝授します。


スポンサーリンク
泥棒が秋から冬に活動的になる理由は「宵空き」

泥棒の好む季節は秋から冬の間

2016年、警察の犯罪認知件数は約100万件。そのうちの73%が、窃盗犯(住宅侵入以外のひったくりなども含む)です。刑法犯の認知件数は1946年以降で最小でしたが、依然として空き巣などの被害は多いのです。

秋から冬の間は、泥棒の好む季節といえます。まず彼らの心理から解読しましょう。夕方から夜間にかけての窃盗を“宵空き”と言いますが、泥棒は人が帰宅する時刻、遅くとも夜19時頃までには盗みを終わらせたいわけです。

今の時期だと日が暮れるのが早く、家に人がいる場合、17時頃には電気をつけるでしょう。そこから留守かどうかが分かるので、ターゲットを定めます。アナログですがこれは確実です。

泥棒は10分以内で仕事を片付る

そして、泥棒は『家に入るのに5分、入ってから5分』といわれます。つまり10分以内で、すべての仕事を片付けることをセオリーとしているのです。そこで、泥棒から家を守るには、5分で入らせない家作りをするのが鉄則になります。

泥棒の思考の基本は同じ。“気づかれない・見つからない・捕まらない”という3つの原則があり、泥棒はこの原則に沿った住宅を狙います。なので、防犯対策としては逆を行けばいいのです。

“気付く・見つける・捕まえる”を心得ましょう。特に、泥棒は人に気づかれるのを嫌がるため「目・光・音」を嫌います。これらを踏まえて、泥棒が侵入を諦める防犯対策を行っていくのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事