ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

泥棒の最新手口「追い出し盗」は特殊詐欺に近い

泥棒には「空き巣・忍び込み・居空き」の3パターンがあります。全体の61%を占める空き巣が一番多く、自宅にタンス預金をしている高齢者が主なターゲットです。そして、泥棒の最新手口が「追い出し盗」と呼ばれるもの。さっそく、追い出し盗とはどのような泥棒の手口なのか見ていきましょう。


スポンサーリンク
泥棒の最新手口「追い出し盗」は特殊詐欺に近い

高齢者を狙った泥棒が増加している

警察の犯罪認知件数は約100万件。そのうちの7割が窃盗犯です。そして今、自宅にタンス預金をしているケースが多い高齢者を狙った泥棒の侵入窃盗罪が増加しています。そんな泥棒の最新の手口が「追い出し盗」です。

追い出し盗の具体的な手口は、まず市の職員などを装った人物が現れて、ゴミの集積場所が変更したと住人を外へ誘い出します。そして、住人が外で話し込んでいるうちに、泥棒仲間が2~3人で部屋へ侵入して現金などを持ち去るというものです。

追い出し盗の手口は千葉県などで確認されています。女性を使ったり、市の職員や水道局員などに変装して安心させ、言葉巧みに玄関のカギを開けたまま外に連れ出すのが特徴です。

泥棒の最新手口は長期休暇に注意

追い出し盗は特殊詐欺とも近い手口といえるでしょう。追い出し盗の防犯対策としては自宅を無締まり状態にしないこと。“怪しい”と思ったら、カギの施錠と職員かどうかを確かめることが肝心です。

ゴミの集積場所の変更以外にもバリエーションがあります。「放置自転車があなたの物か確かめたいので、自転車置き場までついて来てほしい」などという誘い文句も確認されているのです。

泥棒の最新手口である追い出し盗で狙われるのは、連休や長期休暇のタイミング。日本人は現金を持ち歩く傾向があることから、狙われやすくなるのです。これからのシーズン、追い出し盗に注意しましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事