ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マキタ互換バッテリーの内部をチェックした結果

電動工具といえば「マキタ」。コンパクトモデルの10.8V/1.3Ahの互換バッテリーが安価で販売されています。そこで、マキタの互換バッテリーの内部構造を純正品と比較してみました。3千円ほどの価格差はどこに現れているのでしょう。その結果、互換バッテリーの工作精度はイマイチで、純正品の方が安心ということが分かりました。


マキタ互換バッテリーの内部をチェックした結果

マキタの互換バッテリーは板金が細い

マキタの純正品「リチウムイオンバッテリーBL1013」の実勢価格は4,500円。バッテリーの接続は、すべて板金&スポット溶接で組み立てられています。

電力のかかる部分にハンダ付けがあると、ショートをした場合に加熱されてハンダが溶け、その溶けたハンダが別の所をショートさせ状況が悪化…なんてこともあるからです。

隣接する円筒型セルの間には、難燃性プラスチックの仕切板が付いています。作業中の振動でセルの被覆が摩耗したとしても、絶縁状態を保持できる仕組みです。過負荷検知のための温度センサーはシリコンボンドで固定され、センサーに熱がしっかり伝わります。

一方、マキタの互換バッテリー「POWERGIANT」の実勢価格は2,280円です。バッテリー接続はスポット溶接で組み立てられていますが、純正品と比較すると板金の幅が細くなっています。一般的には導線の断面積が小さいと抵抗が高くなり、発熱してエネルギーロスとなってしまうので、これはマイナスポイントです。

マキタの互換バッテリーにハンダ付け

マキタの互換バッテリー「POWERGIANT」は、セル間の緩衝材には「厚紙」を使用。モバイルバッテリーの多くがこの構造ですが、振動の絶えない作業機器ではあまりよいとはいえません。温度センサーは、セルの隙間に挿さっているだけでした。

マキタの互換バッテリー「XINNUO」の実勢価格は2個セットで2,990円です。バッテリー接続はプラス極はスポット溶接ですが、マイナス側が電線+ハンダ付け接続になっています。

緩衝材は「厚紙」で、温度センサーはセルの隙間に挿さっているだけ。安く作られています。工作精度は、POWERGIANTよりはマシかなといった程度です。

ガワがネジ留め、配線もハンダ付けであるため分解しやすいので、バッテリーが劣化した時、モバイルバッテリーなどからセルを移植して修理再生する場合はやりやすいかもしれません。

■「バッテリー」おすすめ記事
モバイルバッテリーおすすめはイオンポリマー
モバイルバッテリーで車のエンジンを始動できる
アルコールチェッカー内蔵のスマホバッテリー
iPhone4Sのバッテリー交換を自力でやる方法
バッテリー寿命で100均の単三電池を選ぶ!
暗視カメラにもなるモバイルバッテリー型カメラ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事