ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone互換バッテリーの定番ブランドを比較した

iPhoneを長く使っていると問題になるのが、バッテリーの劣化です。そこで有力な選択肢になるのが互換バッテリーでしょう。ただし、実際の性能は買って使ってみないとわからないのが実状…。そこで、Amazonで買える格安の互換バッテリーの性能をテストしてみました。iPhoneの互換バッテリーはホントに買っても大丈夫なのでしょうか。


iPhone互換バッテリーの定番ブランドを比較した

iPhone互換バッテリー定番3製品を比較

AmazonではiPhoneの互換バッテリーが多数販売されています。ここではAmazonで買える定番ブランド品をピックアップし、その実力を比較しました。チェックしたのは「DIGIFORCE for iPhone8 バッテリー」と「iFactory iPhone8 バッテリー」、「CBP For iPhone8バッテリー」の3製品です。

「DIGIFORCE for iPhone8 バッテリー」のAmazon価格は2,880円、公称容量は2,200mAhです。純正バッテリーと同等サイズで約1.21倍の容量。制御チップは純正で使われているものを採用しており、充電サイクル500回、永久品質保証やPL保険対象とサポートも充実しています。

交換に必要な工具なども付属するので、ビギナーも扱いやすい製品でしょう。実測容量は2,048mAhとやや少なめ。リブート後のバッテリー負荷も抑えられているだけに、もう少し容量があれば…という点が残念でした。

iPhone互換バッテリーの定番ブランド

「iFactory iPhone8 バッテリー」のAmazon価格は2,100円、公称容量は1,821mAhです。こちらは互換バッテリーの定番ブランド。純正と同じ1,821mAhモデルで保証期間は1年。充放電回数500回までの不具合は交換保証が付いています。

交換用の工具は付属していないので、同等の商品に比べると価格はやや高め。実測値は1,977mAhと公称容量を上回る結果でした。グラフは電流の細かい乱れが気になるものの、電圧は安定しており文句ナシの性能。期待通りの製品といえます。

「CBP For iPhone8バッテリー」のAmazon価格は1,332円、公称容量は1,821mAhです。1,821mAhモデルながら、2,000円を切る低価格が売り。1年保証と30日間の初期不良対応に加え、PL保険加入済みとサポートも手厚い内容です。

ただし、付属品は取り付け用テープのみで工具類はありません。実測容量は1,789mAhと、公称容量にわずかに届きませんでした。グラフの乱れも大きく、バッテリーの性能はイマイチ。本体への負荷や耐久性を考慮すると、決してコスパが高いとはいえないでしょう。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone「空白の長押し」意外と知らないテク集
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能
iPhone画面が勝手に下がるのは「簡易アクセス」
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法
iPhoneヘルスケアに連携すべき睡眠アプリは?
iPhoneでも手軽に通話を録音する方法があった

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事