ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンビニ飯でマッチョになるにはこの商品を選ぶ

コンビニ飯は一般的に太りやすいと思われがちですが、選び方次第で筋肉の増強を助け、かつ脂肪になりづらい優秀なマッチョ飯が揃います。プロのマッチョたちの体を作るコンビニ飯とはどのような商品なのでしょう? セブンイレブンでムキムキボディが手に入るコンビニ飯をセレクトしてもらいました。


スポンサーリンク
コンビニ飯でマッチョになるにはこの商品を選ぶ

コンビニでも優秀なマッチョ飯

そもそもマッチョ飯とは一般的に脂質を減らし、タンパク質と糖質をコントロールしながら摂る食事です。筋肉量を増やしつつ、脂肪を落とすのが目的。当然カロリーも気にします。

また、マッチョ飯では糖質はOKです。最近は糖質制限が流行っていますが、筋肉を動かすために糖質は必須なので、トレーニングの効率を落とさないためにも、極端な糖質制限はしません。その分、脂質は抑えています。

タンパク質と糖質が1gあたり4kcalなのに対して、脂質は1gあたり9kcalあります。なので、脂質を減らすと食事量をそれほど抑えなくて大丈夫なのです。さすがに弁当や菓子パンは避けますが、商品を選べばコンビニでも優秀なマッチョ飯が揃います。あと商品に必ず成分表が付いているので、その点も安心です。

マッチョの味方となるコンビニ飯

マッチョの味方となるセブンイレブンのコンビニ飯は、ざる蕎麦・サラダチキン・トマトジュース・塩むすび・キムチ・ゆで卵が定番どころ。朝、しっかりとタンパク質を摂りたい時に選ぶとよいでしょう。

サラダチキンは塩分が多いので、トマトジュースのカリウムでバランスを保ちつつ、キムチの白菜で食物繊維、ゆで卵は脂質を補っています。パスタはバターを抜けば脂質は抑えられるのでOKです。

セブンイレブンのマッチョ飯をもう1パターン選んでもらいました。こちらは、生ハム・サラダチキン・笹かまをセレクト。笹かまは脂質がほとんど無いので、塩分さえ気を付ければ優秀なマッチョ飯になります。おでんは脂質が4.8gあるので、場合によっては、卵の黄身と練り物系は外した方がいいかもしれません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事