ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

HDCPを無効にするHDMI裏レコーダーのコマンド

業務用レコーダーの中には、通常のHDDレコーダーでは不可能な録画ができてしまうものがあります。それがHDCPプロテクトを無効にするHDMI裏レコーダーです。通常のレコーダーにはない、HDMI入力端子を備えたHDMI裏レコーダーはコマンドによって、HDCPプロテクトの回避が可能なのでした。


スポンサーリンク
HDCPを無効にするHDMI裏レコーダーのコマンド

HDCPのプロテクトを回避して保存

BDレコーダーやゲーム機をはじめ、テレビにつながる機器の大半がHDMIになった昨今。HDMIは、1本のケーブルで手軽に高音質・高画質が得られるものの、基本的には出力専用の端子です。

家庭用BDレコーダーにはHDMI出力端子はあっても、HDMI入力端子はありません。仮に入力端子があり、HDMIを映像/音声ソースとして活用しようとしても、HDCPなどの強力なプロテクトにより手詰まりです。

そこで注目されるのが「HDMI裏レコーダー」。HDMI入力を備え、単体でHDCPのプロテクトを回避し動画を保存できるレコーダーの総称がHDMI裏レコーダーなのです。ただし、メーカーサイドはこの呼称を用いません。

HDCPを回避するのはテストモード

メーカーではあくまで、業務用の特殊な編集機器として販売。HDCPを回避するのは「テストモード」などと隠し機能扱いで、自主規制しているのです。

具体的には、BDレコーダーに録画した地デジやBS/CS放送の番組は、コピー回数が制限されています。無料放送は「ダビング10(コピー9回、ムーブ1回)」、有料放送は「コピーワンス」。規定回数ダビングすると元のHDDから消えてしまうのです。

そこで、録画した番組を再生し、HDMI裏レコーダーで外付けHDDに動画ファイルとして保存するというダビング手法が一部のマニアの間で利用されています。BDレコーダー上では再生しているだけなので、当然コピー回数は消費しません。この裏ダビングを行う際に、HDCPを回避するテストモードに入るのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事