ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

8時間ヤブ蚊を寄せ付けない虫よけスプレーとは

イエ蚊と同様よく見かけるヤブ蚊は、白黒の縞模様が特徴。夜間にのみ吸血するイエ蚊と違い、昼間に吸血するのがヤブ蚊です。感染症を媒介するので侮れません。このほか、肌の露出が多くなる季節はダニ・ブヨなどの虫にも注意する必要があります。ヤブ蚊を寄せ付けない虫よけの方法を見ていきましょう。


スポンサーリンク
8時間ヤブ蚊を寄せ付けない虫よけスプレーとは

ヤブ蚊スプレーはピレスロイド系

アース製薬の「ヤブ蚊のいない庭をつくるスプレー」(450ml・819円)は、殺虫剤によく使われるピレスロイド系(神経毒)が有効成分です。茂みにスプレーすれば、約8時間ヤブ蚊を寄せつけません。

夜間にのみ吸血するイエ蚊は茶褐色、昼間吸血するヤブ蚊は縞模様。ヤブ蚊は感染症を媒介するので侮れません。デング熱やジカ熱など感染症を媒介するので、キャンプなどで散布すると安心です。

この虫よけスプレーは縦に並んだ5つの穴から、茂みに向かってワイドに噴射します。薬剤の効果で8時間ほどヤブ蚊が近づかないため、庭仕事やガーデニングの前にスプレー。植物にかかっても安心です。

ディート高配合の虫よけでガード

池田模範堂の「虫よけムシペールPS30」(200ml・998円)は、第2次大戦中に米軍が開発した虫が忌避する化合物ディートが有効成分。炭酸ガスで寄って来る吸血害虫(ヤマビルも含む)にかなり有効で、多くの虫よけスプレーに使われています。

まれに皮膚疾患などが報告されるディート濃度は、2016年に12%から30%に規制緩和。5時間以上虫をシャットアウトします。肌の露出が多い格好で草むらに入るのは危険。やむを得ない時には、ディート高配合の虫よけでガードします。

マダニは、日本紅斑熱や重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などの感染症を媒介。毎年何人かが死亡しています。ブヨに足を噛まれると一瞬チクッとしますが、コバエがたかったかな程度の印象。それが翌日にはパンパンに腫れ上がり、激痛で1週間以上歩行困難になるほどです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事