ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダンロップシューズは4千円台程度と手頃な価格

現在、一部の若者から“ダッドシューズ”として注目されているダンロップシューズ。1985年の発売開始から、通学や散策などの“定番”紳士靴として、幅広い層から支持を集めるまでに成長しました。果たして、ダンロップシューズはどのようにして誕生したのでしょうか? 製造・販売元に聞きました。


スポンサーリンク
ダンロップシューズは4千円台程度と手頃な価格

ダンロップシューズ製造は広島化成

ダンロップのシューズを製造・販売するのは、広島県福山市に本拠を構える広島化成株式会社。広島化成は第二次大戦後、自動車タイヤやチューブといった工業用ゴム製品の生産から操業を開始しました。

その後、ゴム草履やゴム靴の生産を始め、1967年に婦人靴の「エルダー」シリーズ(現「elder」「くつろぎエルダー」)を発表。そして、1985年にダンロップブランドとライセンス契約を結びます。

「1980年代、日本でスニーカーが日常に浸透し始めた頃、ライセンス元とダンロップモータースポーツブランドの契約を結ばせて頂きました」とは、同社の広報担当者。しかし、これまで紆余曲折があったといいます。

ダンロップシューズは「ゴム履物」

ダンロップシューズは、4千円台程度と手頃な価格が特徴。「当初は1万円台の商品もあったのですが、なかなか浸透しませんでした。4千円台の製品を企画したら反応が良くて…」と、広報担当者は言います。

量販店との良好な関係も、ここまで成長してきた要因の1つです。「弊社は『日本ゴム履物協会』というゴム靴メーカー団体の会員企業。ダンロップシューズは、ゴム履物のカテゴリーで陳列頂くケースが多いです」といいます。

日本ゴム履物協会は、シューズメーカーのアキレス(スポルディング)や月星化成(ムーンスター)なども会員。「ゴム履物」というカテゴリーで切磋琢磨しながら、1つのジャンルを形成していったようです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事