ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

平成の未解決事件「3大コールドケース」とは?

警察が威信をかけて追い続けている未解決事件「世田谷一家殺害事件」に、ここ数年動きがあるのをご存知でしょうか。2017年、2018年と警察が新たな情報公開をしているのです。それは何を意味するのでしょうか? 元神奈川県警本部刑事・小川泰平氏が、平成の「コールドケース=未解決事件」を紐解きます。


平成の未解決事件「3大コールドケース」とは?

未解決事件はまだまだ捜査継続中

平成の終わりに残る警察の課題として、未解決の凶悪事件があります。“3大コールドケース”と呼ばれる平成の未解決事件が「世田谷一家殺害事件」「柴又上智大生殺人放火事件」「八王子スーパーナンペイ射殺事件」です。

「これらの事件は警視庁刑事部捜査第一課の『特命捜査対策室』に40名の捜査員を配置して捜査が続けられています」と、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は語ります。

さらに、「世田谷一家殺害事件に関する新たな捜査情報が2017年、2018年とここ最近、立て続けに公開されました。こういう時、警察は何か事件の有力な情報をつかんでいることが考えられます」といます。背景には何が考えられるのでしょうか。

未解決事件で警察はむやみに動かない

「犯人の髪の色、年齢層、身長、凶器を包んだハンカチの特殊な巻き方などが新たに公開されました。目的がなく、むやみやたらと警察は動きません。それらに関連する情報を集めて、警察がつかんでいる有力な情報の裏付けや補強をしようと目論んでいることが考えられるでしょう」と、小川氏は語ります。

2000年12月30日未明、東京・世田谷の閑静な一軒家で外資系企業会社員宅で幼い子どもを含む一家4人が殺害された「上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件」が、通称「世田谷一家殺害事件」です。

事件から18年が経つ現在も、年末にはポスターが貼られるなど警視庁は力を入れています。外国人犯行説など犯人像が二転三転してきたこの事件ですが、解決の日は近いのかもしれません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事