ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブルーレイ・DVDはコピーすること自体が違法?

著作権法の改正や大手のリッピングツールサイトの閉鎖など、複雑な事情が絡み合っているのがブルーレイ・DVDのコピー。とはいえ、大切なデータを守るためには、ディスクをバックアップするのは必須といえます。そこで、ブルーレイ・DVDのコピーの合法ラインと違法ラインを確認しておきましょう。


スポンサーリンク
ブルーレイ・DVDはコピーすること自体が違法?

オリジナルブルーレイを合法コピー

ブルーレイ・DVDのコピーに関しては、最も大きな動きといえば、2012年の「技術的保護手段(アクセスコントロール)」の回避を違法化した著作権法の改正になります。「技術的保護手段」に該当するプロテクトを回避して、ブルーレイ・DVDをコピーする行為は違法です。

しかし一方で、プロテクトが施されていないオリジナルブルーレイや廉価版DVDであれば、コピーは合法となります。うっかり違法行為に手を染めないためにも、ブルーレイ・DVDコピーの正しい違法・合法のラインを確認しておきましょう。

まず合法ラインは、プロテクトの掛かっていない市販DVDをコピーすること。また、自分で作成したオリジナルブルーレイ・DVDをコピーすることです。プロテクトを解除できるリッピングツールをネットで入手することも合法ラインになります。

ブルーレイのプロテクト解除は違法

一方、違法ラインは市販ブルーレイ・DVDソフトのプロテクトを解除してのコピー。また、市販ブルーレイ・DVDソフトのプロテクトを解除してスマホ用に変換することです。プロテクトを解除できるリッピングツールをネットで配布することも違法ラインとなります。

ちなみに、ブルーレイ・DVDの主なプロテクトは、ブルーレイが「ACSS」「BD+」「Cinavia」、DVDが「CSS」「CPRM」「RipGuard」です。また、ブルーレイ・DVD共通のプロテクトとして「リージョンコード」「マクロビジョン」「カラーストライプ」があります。

個人に対する罰則はないものの、現状これらのプロテクトを解除して行うブルーレイ・DVDのコピーは違法ということ。さらに、これらのプロテクトを解除するソフトや機器を販売・頒布する行為は不正競争防止法違反となり、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金または併科となります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事